ROMA/ローマの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ROMA/ローマ2018年製作の映画)

Roma

上映日:2019年03月09日

製作国:

上映時間:135分

あらすじ

「ROMA/ローマ」に投稿された感想・評価

派手なことは1つもないけど目が離せなかった
暗雲は立ち込めるが希望が見えるラストは好きだ
日常を淡々と描き、クレオ自身もあまり感情を出す方ではないので、ラスト近くはぐっときてしまった
凝りに凝った音と映像、これは劇場で見たかったと思わずにはいられない
仕方ないにせよ
lily

lilyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

結構前に観たからあんまり鮮明には覚えてないけど
退屈なシーン多かった
というかあまり共感?できなかったというか
たぶん私の知識不足や相性の問題、感性の未熟さから来るものもあると思うけど
みんなが絶賛してたので余計に笑笑
時間も結構長かったしね

でも死産のシーンは泣いた、子供好きなので(でもたぶんここそんな泣くシーンじゃなかったかも)
voltboy

voltboyの感想・評価

4.0
アカデミー賞、監督賞を受賞して気になっていた本作。ネトフリ限定配信作品だった為やっと見れました(^ω^)

全てモノクロのデジタル技術で描かれている点が「アーティスト」なんかを連想させるんですが( ° ͜ʖ ° )
本作は監督自身の生まれ育ったメキシコシティでの半自伝的作品として非常にパーソナルな部分が細かく透けて見えるような印象を受けました。

ある富裕層と思われる大家族で召使いとして働くクレオを主役に置き、自身の恋人、妊娠、家族の環境変化、何気ない日常生活の中で起こる様々な出来事を描いている。

派手な音楽も演出もこの映画には必要ない、そこには常にリアルさが息づいている(๑•̀ㅁ•́ฅ✧︎

日常のシーンはどこを取ってもモノクロ世界の美しさで溢れているし、ラスト近くの海辺のシーンには心洗われるよう(´∀`)
みなと

みなとの感想・評価

4.1
一つの家族の日常をクレオ視点で。
オーガニックみたい。
103steps

103stepsの感想・評価

3.5
沢山の人が指摘していると思いますが、とてもodu的。小津さんの映画も大人の男があんまり出てこない女性的映画なので、そこらへんの共通点はありそう。
すしす

すしすの感想・評価

5.0
いざって時助けてくれるのも
親身になって話聞いてくれるのも
全員女性なの
どこいったんだ男性は!(ラッパ吹いたり街で暴れたり謎の武術の鍛錬したり本棚だけ持ってったりするの…)
なんと言われようと女性は孤独なのよっていいねグッときた
あとモノクロ映画の先入観を色々と楽しく壊してくれる作り方なのでそれも素晴らしかったと思います

波は本当にのまれそうになる
『そして、家族になる。』
まず、これは映画館の集中できる環境で観るのがベストだと思う。
正直言って、前半はつまらなく感じる部分も多かった。
でも、ラストを見た時、また見直したくなるような不思議な映画。


バカ丸出しのフルチンの武術彼氏。
他の女を作ってどこかにいった父。
妊娠させられたり、浮気されたりと
身勝手な男の被害をこうむっても、
強く生きようとする女性の物語。
そこから始まる家族の話。
犬の糞だらけの家、それを集める家政婦。
最後は女性が男の尻拭いをさせられるのかもしれないな。

これは宇多丸さんがおっしゃってたのですが、水に写る飛行機、空を飛ぶ飛行機の演出が素晴らしかった。

以下、ネタバレ⚠️




















主人公の家政婦クレオが娘を出産したものの、悲しいことに死産だった。
そして、彼女が絶望感や罪悪感から救われるあのラスト。
緊張が止まらない長回しの海からの救出シーン。
皆が平等になったとき、そして家族になる。
yuki

yukiの感想・評価

4.0
人生で初めてモノクロ映画を観ました。何かで映像が綺麗と書いてあるのを見て、モノクロなのに映像が綺麗って事はめちゃくちゃ綺麗って事じゃない?と思い、見てみることにしました。案の定めちゃくちゃ綺麗でした。又、モノクロなので逆に表情や動き、音に集中できました。

アップリンク吉祥寺で見たのですが音響設備が素晴らしいですね。
波の音がめちゃくちゃリアルで、胸が締め付けられました。
すみれ

すみれの感想・評価

4.5
これはめちゃくちゃいいよぉ……
音 光 それだけで豊かになれる
これが映画か
>|