EnoTaka

記憶にございません!のEnoTakaのレビュー・感想・評価

記憶にございません!(2019年製作の映画)
4.2
公開初日に鑑賞。めっちゃ面白かった!かなり好きだった。本当にそこまで期待してなかったから予想外だった。映画館で他の映画を見る時にこの映画の予告編を何回も見させられたから印象はすごく強かった笑。ストーリーは、真面目なところとコメディの部分のバランスがすごく良くて、クスッと笑えるようなシーンがほとんどなんだけど、そんな中に社会風刺と、監督が伝えたいメッセージが上手く組み合わさっていて、ユーモアのある素敵な映画に仕上がっていた。政治の知識は全く必要のない映画だけど、決してふざけてばっかりで内容がない作品ではなくて、なんかすごく大事なことを教えてくれる作品。三谷幸喜の作る作品の世界観はすごく好きだけど、ちゃんと見たことあるのは清須会議ぐらい。もっといろいろ見てみたいと思った。