ラストレターの作品情報・感想・評価・動画配信

ラストレター2020年製作の映画)

上映日:2020年01月17日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

「ラストレター」に投稿された感想・評価

岩井俊二らしいifの物語であった。
登場人物の未咲の新情報を知るタイミングと登場人物の知るタイミングが一致しており、物語に引き込まれる。
過去と現在のキャスティングに妙味がある。
Honoka

Honokaの感想・評価

3.8
Love Letterを見てからだと
"お元気ですか"に高まる

森七菜さんと広瀬すずさんの
透明度がすごい

森七菜さんの作りすぎてない
肩の力が抜けた演技が好きだった
またまた宮城県が舞台という事で楽しみにしていました。普段何気なく通っている道や川が、映画になると特別な景色に見えちゃうから不思議です。
松たか子が憧れていた先輩に亡くなった姉のフリして手紙を送るくだりは禁断のドキドキ感やら何やっちゃってるのーてドキドキ感を思いながら見ていました。 ところが娘たちも亡くなった姉のフリして文通していたなんて…
 手紙の住所を追って先輩役の福山雅治がやって来た時は、どうなっちゃうの〜と思いましたか、そこからの展開には釘付けになりました。
過去に好きだった人とこうしていたら…支えられれば、結婚していたら…でも、そんな事は妄想でしか無いんですよね。後半に出てくる豊川悦司のセリフか、刺さりました。

広瀬すず、森七菜コンビは透明感があって、はかない高校生活の場面を上手に演じていたと思います。余韻を感じる素敵な映画でした。
二回観ました!
ひで

ひでの感想・評価

3.2
役柄的にもあれだけど森七菜が可愛すぎる。主人公の好きな人、その妹が現代でも同じ顔で好きだった人の娘達で出演してくる少し複雑なとこもあるけど、恋愛きゅんってよりか心苦しく思うことが多い映画なんじゃないかな。
とても良かったー!!

涙出まくり😭

松たか子中心の話かと思いきや、途中からは福山雅治に綺麗にシフトしていく感じ。
この映画の中でのマスクの存在とても美だとおもう
sora

soraの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

福山雅治の絶妙なくたびれ感がよい。

一言で言うと、この映画は「青春の光」。
光を礎として前を向こうとするもの、光を宝物とするもの。

自分は闇の高校時代だったので礎にはしがたいが、輝かしい過去の記憶は甘く尊く、儚いことはわかる。

岩井作品の雰囲気が好きだ。淡い光に喜び、かなしみ、瑞々しさ、自然の美しさ、街の景色、すべて包まれている。これからもやわらかい光を見せてください。
よしの

よしのの感想・評価

3.5
劇場鑑賞
森菜々ちゃん、すごい役者。
りーな

りーなの感想・評価

4.3
岩井俊二監督作品特有の美しさがあって
映像というより絵に近いような、とても魅力的な作品だった

本作で森七菜のことがより一層好きになったなあ
目の演技がすごい、先輩に告白するシーンでは彼女の目に惹きつけられた
広瀬すずとのツーショットも美しかった
中山美穂の登場も嬉しい
青

青の感想・評価

3.5
記録
>|