永遠の門 ゴッホの見た未来の作品情報・感想・評価・動画配信

永遠の門 ゴッホの見た未来2018年製作の映画)

At Eternity's Gate

上映日:2019年11月08日

製作国:

上映時間:110分

3.6

あらすじ

「永遠の門 ゴッホの見た未来」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

-
きろく
m

mの感想・評価

4.5
自分の描く絵を生前認めてもらえず、貧乏で、人間関係もすぐ破綻してしまう、弟テオに仕送りをしてもらってたゴッホ。
この映画を観て、ゴッホの苦悩、そして何より自然の美しさを誰よりも感じ、描こうとしていたゴッホのピュアなところにじーんときてしまった。
色彩が鮮やかで、その柔らかな空気感をも感じさせる映像で、ゴッホがなぜ自然を描こうとしたのかが分かった気がする。
頭の中で繰り返される、言われた嫌な言葉たち、理解されない自分の言動。それでも描き続けるゴッホがすごく切なく、美しかった。
ラス

ラスの感想・評価

5.0
サントラが良い。

When facing a flat landscape, I see nothing but eternity.
Am I the only one to see it?
Existence can’t be without a reason.

もうそっとしておいてほしい。
ゴッホが亡くなるまでの数年間を描き、彼が何を考え、葛藤し、何故亡くならなければならなかったのかを描いた作品
ゴッホの有名作はほぼ彼の晩年数年間に描かれたものだそうです。
ゴッホが亡くなるまでの数年間の困惑と錯乱を描いているので気持ちの晴れるような作品ではありませんが、彼を扱った他の作品と違う視点で描かれていたのが興味深かったです。
絵画については全く無知ですが、そんな私でも知っている作品も数点出てきていました。
『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督作品。画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描く伝記ドラマ。『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』のウィレム・デフォー、オスカー・アイザック主演映画。第75回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

人付き合いができないフィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は、いつも孤独だった。唯一才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの行動により破たんしてしまう。しかし、ゴッホは絵を描き続け、後に名画といわれる数々の作品を残す。
忙しなく動く複雑なカメラワークは、襲い来る不安感や暗闇への恐怖、描くことへの使命感を感じるし、目に痛いほどの鮮やかな色彩は、ゴッホが見てきた自然の美や太陽の暖かさを感じることができてとても印象的だったしとても好き。
この映像美は映画館で観たかった。
彼が見て感じた世界は本当に永遠に残るのだろうと思う。
Riy

Riyの感想・評価

4.1
ゴッホとテオ、ゴーギャンと切なく、的確に描かれていたと思う。
ウィレム・デフォーは正に迫真の演技、素晴らしかった。ゴッホの強烈さよりは純粋さ善良さを表現、デフォーの持ち味だったでしょう。
神父やその他のキャストも全員素晴らしい存在感でした。
風景は色味も濃くて、ゴッホ世界に共鳴していた感、映像全体が美しい。
帳簿の件は、本当に驚きです!
くらた

くらたの感想・評価

2.8
2019.11.27 新宿ピカデリー

映像がきれい
マッツミケルセンは聖職者似合う
ゴッホの最期がどうだったのか、真実は一生分からないけど、死後でも評価されない芸術家だって死ぬほどいる中で、評価されたのは救い
アギ

アギの感想・評価

4.8
本当に言葉に出来ない作品。
考えさせられる映画でした。
>|