にぶるす

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語のにぶるすのレビュー・感想・評価

4.4
とてもとても久しぶりの映画館!正直ちゃんと集中して観れるか自信がなかったのですが、冒頭から引き込まれました!素晴らしかった。

家族の、特に姉妹の関係が暖かくて渇きがちの心にじわんと広がりました。また、コミカル、シリアスなどストーリーにメリハリとスピード感があって、全く飽きないところが映画として見応えもあり面白かったです。
個人的には昔憧れた世界名作劇場や岩波文庫みたいな世界が、実写として描かれるのはとてもときめきました。衣装もお部屋もすごく可愛い。

グレタ監督作品の今までになかったと感じさせる要因は、やはり女性の丁寧な内面描写なのかなと思います。
女性を映画の華として表面的な美しさではなく、ひねくれたところも野心も矛盾もある、複雑な人物像として描いていてリアルで愛おしい。時には自分に当てはめてしまって居心地が悪くなったりもします。

少々ネタバレになりますが好きなシーン

ぐっと引き込まれたのは冒頭、お金持ちだけど孤独なローリーが、初めてマーチ一家の家に踏み入れ圧倒されるシーン。女の子がわちゃわちゃ集まると無敵な感じがすごくわかるな!という気持ちに。女子高生のグループを見ていると怖いもの無しで最強だな、と思うのと同じ感覚でした。


ジョーが家族のために髪を売る場面で、髪を切るところは描かず、みんなの前では気丈に振る舞っていて、しばらくしてからこっそり泣いてしまうシーン、すごく健気で可愛いらしくて、ジョーが身近に感じられました。


終わりは綺麗すぎる気もしましたが、しょうがないわね、みたいなまとめ方は面白かったです。いい映画を見れてとても満足。良い週末でした。