ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語の作品情報・感想・評価・動画配信

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語2019年製作の映画)

Little Women

上映日:2020年06月12日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」に投稿された感想・評価

たけち

たけちの感想・評価

4.3
エマ様天使👼
女性監督の新しい作品

4姉妹の半生を描いているわけですが、女性監督ならではの柔らかさや雰囲気がこの作品とマッチしているような印象。
筋も通って仕掛けもあり、お金もかかって豪華な作品でした。
現在と過去のシーンが境目なく交互に入れ替わりながら進んでいくのだけど、

若干眠かった状態で見たのもあって、
理解できない時があったのでもう1回見ようと思う。
ここあ

ここあの感想・評価

2.0
ノアバームバックがとってるような、グレタが出演している作品は大好きなのばかりなのだけど、彼女が監督する作品はどうも自分とはあまり相性が合わないらしく、レディバードに続きこちらもあまり得意ではなかった。小さい頃に大好きな絵本だった若草物語だけど、ウィノナ版もあまり刺さらなかったので、単純にこの物語が映像化されたものがあまり好きではないのかも。

母役演じるローラダーンがすごく良かった。あと、シアーシャが「家族さえいれば良かった。結婚が全てではないのに、すごく寂しいの。」みたいなところはグレタ感が一瞬すごくあって好きだった。
ティモシーシャラメはどの作品でもティモシーシャラメにしか見えないなと思った。

原作や他の若草物語も観てみたいと思った。ウィノナ版と比べると、もう少しここの内容が欲しかったなーと思ってしまうところも多々あったけど、女性の自立だとか結婚という制度に縛られたくない女性の気持ちとかは良かった。
blue

blueの感想・評価

4.9
編集者(長?)が原稿を見て放ったコメントで初っ端から喉の奥が詰まるような感覚になった...いやしかし道楽息子を演じさせたらティモシーシャラメの右に出るものはいないな...ローリーが演劇クラブに加入するシーンめちゃくちゃ好き、そして個人的に本作りの映像もたまらんかった...美しい
Y

Yの感想・評価

4.3
一つ一つの言葉の重さを感じた。
当時の女性は裕福な旦那を見つけて幸せを掴むのが夢だったのだろうが、この姉妹達はお金だけではなく、本当の愛を手に入れたのであろう。
そして、エマワトソンが姉とは時がとても経ったんだな
ACO

ACOの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

全部が良すぎて、、!!!衣装も役者さんも風景も時系列が行き来する構成諸々すべて**

その中でも印象に残ったのは、ローリーのプロポーズシーン(ロケーション含め)と、その求婚を断ってとてつもなく寂しくて、、というジョーがお母さんと話しているシーン。愛されたいというジョーに対してのお母さんの言葉、それは愛じゃない。がぐさっときた。

あとエマワトソンが長女役なのに時の流れを感じつつも、、予想以上にしっくり!メグ役が個人的にお気に入り*
mie38

mie38の感想・評価

4.3
個性に溢れた四姉妹がとても良かった😌✨
環境によっても人生って一筋縄じゃいかないよなぁと実感する。
小学生の時アニメ若草物語を観ていたので、蘇ってきました。
deniz

denizの感想・評価

3.8
「良い結末とは売れる結末だ。」

「若草物語」は遙か昔にテレビアニメの『愛の若草物語』を観た以来…。
兄弟(姉妹)ってにぎやかで楽しそうで羨ましいなぁ…と思った幼きひとりっ子の記憶。
こんなにも女性の自立を描いたお話だったとは…。
(それは今作ならではの要素なのかな…?)

1960年代、この頃の衣装やセットを観るのはやはり楽しい。
そしてどの場面も挿絵のように美しい。
現在と過去を行ったり来たりする構造に、半分過ぎたあたりでようやく慣れた。笑

シアーシャ・ローナンの瑞々しさが素敵。生命力が迸ってる。
ティモシー・シャラメは本当に美青年だなぁ…。
その美青年を持ってしても、ローリーよ…という気持ちは拭えなかったけど…汗

いつもの日常の中に散りばめられた、たくさんの輝かしい感情。
4人の想いを詰め込んだような、ラストの製本工程の映像が印象的だった。
結婚するだけがハッピーエンドじゃない。
この時代に生きる彼女が言う言葉だからこそ、グッとくる言葉だ。
昔、小さい頃に母さんから教えられて本を読んだ記憶が蘇った。
メグ、ジョー、ベス、エイミー
覚えてる、クリスマスとピアノ。
なんだかじんわり
>|