ディリリとパリの時間旅行の作品情報・感想・評価

上映館(3館)

ディリリとパリの時間旅行2018年製作の映画)

Dilili à Paris/Dilili in Paris

上映日:2019年08月24日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ディリリとパリの時間旅行」に投稿された感想・評価

きらめくような美しさは、醜さと向き合うことから生まれるのだと思い知らされる1本。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.7
パリの良いものが詰まった作品。所々出てくるフランスジョークも最高です。
大好きなミッシェルオスロ監督の久々の長編アニメ!
キリクと魔女3が日本に輸入されなかったことで絶望していましたが、待っていてよかった!とっても素敵な大作がやってきました。

幻想的でとんでもなく綺麗でオシャレな映像と、素敵な音楽と、教養とメッセージのある面白いストーリーが揃っているんですよ。見るしかねぇ!!って感じ。

開始早々の密度の高いお馴染みの画面と、実写の風景写真が織りなすベルエポック時代のパリは、美しくって偉人がいっぱいで時間旅行の先に最適!
監督は私たちをそんな素敵な空間に誘ってくれるのでした。

人種差別と男尊女卑の問題を取り扱ったストーリーは重く、衝撃的なヴィジュアルが心にささりまくります。そういえば意地悪なルブフの間違った行動をあっさり許した登場人物たちの心の広さは、キリスト教圏故なのですね。日本ではあまり馴染みがないです。

アズールとアスマールに引き続き、2Dと3Dが融合した登場人物の服は影すらないベタ塗りで、顔と手だけは最低限の3D処理がされている。あれ?なんか立体感あるような無いような、と、その違和感は奇妙な雰囲気を作り出していて、もはやシュールなんですけど、この日本では生まれ得ない異国の世界観はいつ観ても新鮮で飽きないんですよね。
 こんなヘンテコな技法をなんで使うのかなーっと思いますが、それは監督がアニメーションにリアルや自然などではなく、夢や幻想を求めているかららしいのです。へぇーそうなのかー有難いなーとパンフを読みながら感心いたしました。
 アニメーションにはリアルを追求する3Dアニメや、良い意味で現実逃避なアニメ、幸福路のチーのようなドキュメントアニメと、様々あるのですね。

余談ですが、円盤がきちんと三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーから出ることになっていて、とんでもなく嬉しいです。あなた息してたのね?!
ひなこ

ひなこの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ベル・エポック期のパリの景色が美しく見惚れてしまった。
ただ美しい部分だけではなく貧困や女性差別の酷い部分もストーリーに組み込まれていてかなりショッキングなシーンもあった。多発する少女誘拐事件の謎を追う中でディリリ自身も傷つくことがたくさんあった。最後にディリリが大切なものを得るラストには安心したし、とても嬉しい。
勇敢で礼儀正しく真っ直ぐなディリリに登場人物も映画を観ている観客も救われる。

映画に出てくる偉人が100人を超えるとは…!私はまだまだ勉強不足。

特にタイムスリップする内容ではないが時間旅行と付けられた邦題、シアターにいる観客が映画を通してパリへの時間旅行に…という事なのかな?とても素敵。
カク

カクの感想・評価

4.3
ディリリかわいかったな…黄金期のパリに出てくる人たちがオールスターって感じでそれも面白かった エンディングのダンスアニメーション、永久に見ていられる
れい

れいの感想・評価

4.5
アニメと思って当時のパリを旅行している気分で気楽に観ていると後半のショッキングなシーンに度胆を抜かれた。実写を元にしたアニメシーンも凄い!アニメは日本の独壇場かと思っていたけど実際はそうではなかった。貧困、移民、人種、性別差別を深く切り込んだ大傑作!邦題はⅩ
るたー

るたーの感想・評価

3.8
パリアートツアーでベルエポック体験!みたいな感じで、アート好きにはたまらんかった
モブに帽子に赤マフラーのロートレック絵のモデルはいるし、マティスやモディリアーニのモブもいたような…山田五郎さんの副音声とかあったら面白そう
ちは

ちはの感想・評価

-
美しきパリの風景をアニメーションと融合。色鮮やかで綺麗🇫🇷
時代はベルエポックのパリ。街を騒がす少女誘拐事件の謎をディリリが解いていく。

女性差別や貧困問題の差別が浮き彫りになる悲しさ。訓練させてく男性たちの集団って未だにある。四足歩行はISを想起させる。
keita

keitaの感想・評価

4.0
華やかでキラキラとしたパリの街並みで展開されるストーリーは、平和ながらはちゃめちゃでナンセンスもお構いなし。子供の頃の自由な想像力、宝物のような記憶を思い出させてくれる。実在のアーティストがたとえ分からなくても、ノスタルジックで優雅な世界に浸れるから非常にお勧め。
かつてのパリを背景にした物語。
女性差別、人種差別等が描かれます。
児童労働もかな?
誰でも知っているいろんな人と
問題を解決していきます。
飛行船のシーンがキレイ。
それにしても差別ってなくならないもの
なのだろうか?
問題提起をしているようにも思える映画でした。

2019.11.7 今年158本目
>|