にっきい

映画 賭ケグルイのにっきいのレビュー・感想・評価

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)
2.8
こう言う可愛い娘ばかりの学園って絶対無いと思う!(笑)

映画の内容云々ではなく、浜辺美波ちゃんってだけで鑑賞を決めてた作品。
まあ賭けで階級が決まる学園とか、設定も面白そうだったんだけど。

生徒会長と賭けがしたいの、って話し。
これ映画観てから調べたらアニメ化もされてるし、ドラマ化もされてるのに、映画は単体で作られてるそうです。
ドラマの続編として作らないのは初見の人には嬉しいけど、映画の尺で話しをまとめるために肝心の賭けのシーンが少ないのが残念でした。
池田エライザちゃんは黒パンストだったけど、浜辺美波ちゃんや森川葵ちゃんはミニスカ生脚だったから目の保養にもなりました!(笑)
ただ、森川葵ちゃんのJK制服は…、ちょっと脚太かったかも(笑)
あと福原遥ちゃんが露出少ない格好なのが残念…。
如何にも深夜ドラマっぽいつくりやなぁ、と思ってたらドラマ版はまんま深夜ドラマやったのね(笑)
だがしかーし!
クライマックスでいきなり学園祭レベルの演技になる!(笑)
そこから学園ヒエラルキーの逆転劇が結構長くて退屈。
だってギャンブルの心理戦や緊迫感見に来てるのに!
心理戦も2手目ぐらいでわかるレベルだったし、もう少し頑張れよ!と言いたい。
ミニスカ制服だけどパンチラのあるような作品ではありませんので悪しからず(笑)

劇場に向かう電車の中で白人女性が小さな子を抱いていたんです。
親しそうに話してる男性は日本人なので子供はハーフだと思うんですけど、なんで外人の赤ちゃんっであんなに可愛いんでしょうね!(笑)