singer

映画 賭ケグルイのsingerのレビュー・感想・評価

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)
4.0
観終わった後、思わず「ぐはぁあーーっ」て位に息が漏れる程、
面白くて、楽しませて貰ったなぁというのが、一番の感想です。

キャスト陣に好みの俳優が多かったし、話題の作品だったので、
ドラマ版を何話か観て、少し予習をしてから劇場まで足を運んだんですが、
本当に映画館で観れて良かったなぁと思いました。

ストーリーに関して、この手のギャンブル物は、
ネタバレすると面白さが半減以下になっちゃうので、
詳しくは観てのお楽しみとしておきますが、
リアリティだとか、空気感だとか、緻密さとか、
日本映画の侘び寂びだとか、肌で感じる心情だとか、
そういう一切合切を猛烈に吹き飛ばすくらいに、
大胆で、真っ直ぐ一直線に、盛り上がりだけを最優先したような、
お祭りのような作品でしたね。
なので、一層、劇場で参加出来て良かったなぁと、つくづく実感したし、
その手応えが、観終わった後もジンジンと残ってくる感じですね。

主演の浜辺美波は、
個人的に「君の膵臓をたべたい」にかなりの思い入れがあり過ぎて、
他の作品を幾つか観ても、
どうしてもキミスイの咲良のイメージを払拭出来ずにいたんですが、
この作品で、もう完全に溶解成功となりました。
これでもう、どんな役柄を演じても、ひとりの女優として、
自分はちゃんと受け入れられるようになったと思います。
それは、今作の蛇喰夢子で、
しっかりと役の振れ幅の広がりを確かに見れたので、
ひとつひとつの役柄を、それぞれに見せられる女優さんとして、
その土台がしっかり固まった気がしました。

森川葵も大好きな女優のひとりで、
今作でもカメレオン女優と言われる、
その変色ぶりの、最高峰の部分を見れたと思うので、
個人的には大満足でした。
劇場では、多くの男性ファンが、浜辺美波目当てで観にきてる感じもしましたが、
ひっそりと自分は、森川葵を見たくて足を運んだので、
この劇場版でも彼女の活躍のシーンが多かったのは、良かったトコです。

矢本悠馬も注目してる俳優で、この人が出てると、
なんかそれだけで脇がしっかり固まる印象があって、
それって目指して収まれるポジションじゃないと思うし、
彼自身の実力の高さが、いい作品を呼んでいるようにさえ感じてしましいますね。
今作でも、脇で物凄い存在感を放ってて、
裏主演でスピンオフ作品が出来そうなくらいでした。

そんなわけで、「賭ケグルイ」の好きな部分っていうのは、
若手俳優たちのテンションの高い、
狂った演技が見れるという所にもあると思っていて、
今作でも、俳優同士がお互いを昂め合っているかのように、
それぞれが沸点の高い演技を見せてくれていたし、
演技を極めながら、楽しんでいそうな現場の雰囲気を、
役柄の向こうに感じれるのも良いところだと思いました。
ソフト化されたら、メイキングとかも見てみたいっいてうか、
ネタバレ副音声上映にも、興味が湧いてきましたね。

しかし、まだ物語は続いてるので、
池田エライザは、これは大変なことになってきてるんじゃないかと。
もう、高みで澄ましてる場合じゃないぞと。
狂気に狂気を重ねる先に、どんな結末が待っているのか、
自分もまだまだ、このシリーズを楽しんで行きたいと思います。