映画 賭ケグルイの作品情報・感想・評価

「映画 賭ケグルイ」に投稿された感想・評価

聖

聖の感想・評価

2.0
「2時間みるにはキツい」
見終わった後真っ先に思ったのがコレだった。

ストーリー云々よりも、役者のエクストリームな演技をネタ的に楽しむのが醍醐味であろう「賭けグルイ」と認識していたものの、30分番組、正味20分ちょいの尺の中で小気味よく見せるドラマ版と違い、たっぷりと尺を使って演技を見せつけることが、かえってマイナスに働くという悲しい状態であった。

「がんばってます、私、狂った芝居してます!!」というのが伝わってきてしまい、現実に引き戻されてしまうことしばしば。ここはドラマの時は勢いで押し切れていた部分だ。

ただ、浜辺美波や森川葵、高杉真宙らドラマ版のメインキャストは概ね期待を裏切らなかった。特に浜辺美波の静と動の切り替えはキレがあり、ゾクゾクさせられた。

矢本悠馬は好きな俳優さんなのだが、今作では「映画版ドラえもんにおけるジャイアン」という美味しいポジションだったにもかかわらず、過剰なアドリブにより悪目立ちし、個人的に最も苦手とする「ダメな時の佐藤二朗」と化していたのが残念に思う。GOを出した監督と自分の感性が合わないってことなんだと理解はしているのだけど。

その他、ドラマ版では顔見せ程度で、映画版で活躍するキャラクターは軒並み見ていて辛かった…。

また、劇場版で生徒会長を演じる池田エライザの活躍する姿が見られると期待していただけに、肩透かしを食った印象。

今後もドラマは観ようと思います。
【女子プロレス】

「賭ケグルイ」はアニメ視聴をしていたが、どうにも実写版に懐疑的な私。しかしながら本作のごった煮イズムによる実写化と劇場版スケールの騒動な心地良い。ギャンブルドラマはプロレスの如く勝利と敗戦にロジックがつきものになるわけだが、その中で一進一退、逆境からのひっくり返しのロジックがきっちり果たされていて、その中に浜辺美波のアイドル的でありながら大仰的な可愛さ、森川葵と矢本悠馬の第4の壁へと目配せ、池田エライザの佇まいとキャラクターとして盛り上げる手法、そして第3勢力として搔き回すヴィレッジの面々が舞台劇的なストンピングと掛け声で見せるエモーションの追い風。演技面で大味ながらもトータルパッケージで劇場版としてのエピソードの楽しませ方が提供できている。福原遥の序盤の声質で声優業界に片足突っ込んだ勢力が狂気演技でメタ的にも足を引っ張り炎上していく姿に、浜辺美波からの「大根役者め」が加わり、これもまたプロレス的なカーテンの裏側を垣間見せる面白さあり。アニメやドラマから足し算と引き算の採算合わせからの今回劇場版用のビッグアイテムと心意気ある使用法含め、他人のギャンブルを見て一喜一憂する非日常的な娯楽として今年のグッドシネマ枠に加えたい小粋な1作。
ポチ

ポチの感想・評価

3.8
賭ケグルイはアニメ版も好きだから、ドラマからのこの作品も楽しみだった✨
相変わらず、蛇喰夢子は最後に気持ち良く期待を裏切ってくれるから今回も面白かった॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*
どんな結果になるか分からないのに、どこまでも蛇喰夢子についてくる鈴井が好き❤
Natsu

Natsuの感想・評価

3.5
絵面綺麗すぎか。
ドラマの延長のおもしろさやった。
yoshiki

yoshikiの感想・評価

3.5
ドラマで新シリーズみたい。。。
mono

monoの感想・評価

3.9
まいんさん、がんばってた( ´・‿・`)
Katsufumi

Katsufumiの感想・評価

3.4
2019/169本目

漫画原作の作品

若手女優人の可愛い子達がいっぱい観れる

ヴィレッジの占有地はなんか見たことあるなぁ?って、思ってたら、カメラを止めるなの場所じゃない?階段やポンプや窓の位置

とりあえずライアーゲームが好きで全部DVD持ってますが、ライアーゲームの劣化版な感じのゲームに感じた。

個人的な感想です。ライアーゲームの音楽が好きなだけかもしれない🙇‍♂️
kazu03246

kazu03246の感想・評価

3.8
飽きないけど、何も心に残らなかった。日中、映画館で「ジョーカー」を見たので、尚更そう思った。楽しそうな映画。
チコ

チコの感想・評価

3.6
ドラマにハマって映画化ということで、さっそくレンタル。

浜辺美波が主演でなかなかいい演技してます。脇を固める役者たちも個人的に好き。

ストーリーは、最後まで一筋縄ではいかない感が良かった。

ドラマファンなら必見かと。
>|