楽園の作品情報・感想・評価・動画配信

「楽園」に投稿された感想・評価

ナゴミ

ナゴミの感想・評価

3.5
起承転結が無くはないけどなんか不完全燃焼感
ジトっとした世界観はとても好きでした
やし

やしの感想・評価

2.6
田舎住みたくねえ〜と思わせる映画
終始じめじめしてるし気分良くはならない
けど嫌いじゃない薄暗さ
最後のY字路のシーンの余韻がよかった
ざき

ざきの感想・評価

4.0
最後放置されてしまうので、わからなさを楽しめる人向け。楽園というタイトルも好き。
そう言えば原作小説は、あまりにも暗いので途中でやめていた。なので、前半は読んでいたが後半は読んでいないストーリーだった。重苦しさもそのまま。
ある意味救われたのは、綾野剛と佐藤浩一の演技でした。歩き方や身体の雰囲気が凄く片田舎の青年・中年を表現していたのですが、そうは言っても綾野剛と佐藤浩一。あくまでもドラマとして観ることができました。
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.4
名バイプレイヤー柄本明と綾野剛の演技が光る逸品。

原作未読なので、深く掘り下げてない分、様々な人たちの様子はハッキリとはわからなかったけど、長の言う事を聞かないだけで村八分って、閉鎖的な空間にいるとそれが当たり前になってくる不思議さ。

ただ綾野剛と杉咲花の2人のシーンはドギマギしながらも、どこか胸が痛む。
オムニバスのようにストーリー上登場人物の物語が交差していくので、感情移入するのが難しかったけど、佐藤浩一だけはかわいそうだったわ。
じゅん

じゅんの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

全体的によくわからない話。

犯人結局誰?
あいかどうなったの?

登場人物の情緒が不安定すぎてわけわからん。

タイトルの楽園の意味も謎。

限界集落の年寄りの偉い人がクソな人の集まりでそりゃ村から人いなくなるわって感じ。

このレビューはネタバレを含みます

少女失踪事件と差別と村八分、3つの話をどうにかして繋げようとしているけど繋がらなかった。犯人かはハッキリとわからない、動機もよくわからない、このどちらかがハッキリしていればモヤっと感が薄れたかも。
"犯人は誰か"はあまり重要ではなくて田舎の閉塞感が際立っていました。
7

7の感想・評価

3.5
綾野剛が凄い
地方都市での少女失踪と村八分の事件を扱った作品。一応実際の事件をモデルにしている。

答えを出さないタイプの映画。
人間や世の中はそういうものだとしても、ちょっと足りなすぎる。
綾野剛演じる豪士はネグレクトではあるが、それであそこまで精神が不安定になるか?とか、佐藤浩一演じる善次郎が事件を起こすまでの描写が実際の事件より欠落してるエピソードが多くて突然過ぎるとか。

なかでも一番駄目だったのは湯川紡と同郷の男の子の関係性。
紡はあの地元が嫌で抜け出している。ななに、地元にいた時からストーカーじみた嫌がらせをしていた男の子が相変わらずストーカーじみた再会をして無警戒で近づくわけがないでしょ。監督は若い女の子の気持ちがわからないなら無理して取り上げなければいいのに。

あとは、誘拐事件はかなりアレンジされているんだけど、村八分事件の方は完全に元ネタがわかってしまう。わかってしまうような感じでつけ火の村の事件を元ネタにするならもう少し真摯に描くべきでは?いくらなんでも端折り過ぎ。これは原作に起因する問題なのかも。

田舎をあまりに酷く描き過ぎという問題も。綾野剛を追い詰める時の地元民が完全に頭がおかしい人たちばかりで、彼を犯人とする理由もあまりに頭が悪い理由。
監督が田舎はバカばっかりだと思ってるようにしか見えなかった。追い詰めてしまうことになるとしても、もうちょっと手順を踏まなきゃ駄目でしょう。

役者はみんな頑張ってたと思う。ただ柄本明だけは今作は下手な芝居だった。監督と合わないのか、耄碌してきているのかどちらだろうか。
>|