watarihiro

未知との遭遇 ファイナル・カット版のwatarihiroのレビュー・感想・評価

4.0
劇場鑑賞29本目

行方不明になった戦闘機群や巨大な貨物船が、砂漠に失踪当時の姿のまま現した。謎の発光体が米国内外で目撃され、原因不明の大規模停電が発生。発電所に勤めるロイ・ニアリーも停電の復旧作業に向かう途中、謎飛行物体と遭遇し、それが放つ閃光を浴びた後、憑かれたようにUFOの目撃情報を集め出し、あらゆる物で山のような形を見出すようになる。インディアナ州に住む少年バリー家の台所に入り込み冷蔵庫を漁っていた「何者か」と鉢合わせし、後を追い掛け、その母のジリアンも深夜外に出て行った息子を連れ帰ろうとする途中で飛行物体に遭遇し閃光を浴び、ロイ同様に山の姿を描くようになる。一方でフランス人UFO学者のクロード・ラコームは異星人からの接触を確信し、「第三種接近遭遇」プロジェクトをスタートさせる。データ送信をキャッチしそれが地上の座標を示す信号で、ワイオミング州にある山を指し示していた、、、。

ゴゼジューで本作品を今更鑑賞。最初の30分は盛り上がりました。得体の知れない現象と物体。SF作品ならではの冒頭のワクワク感がたまらないです。

映像効果と色合いは古き良き作品でしか表せないクオリティ。懐かしい感じが良いです。彼らが奏でる信号音は神秘的でした。

今年度で最後の午前10時映画祭のオープニング作品。E.T.とジョーズというスティーブン・スピルバーグの代表作が公開決定で良い休日の朝を迎えそうです。