Taiyu

Girl/ガールのTaiyuのレビュー・感想・評価

Girl/ガール(2018年製作の映画)
4.6
ものすごく、じっくりと迫りくる感じがするドラマだった。
暖かすぎて、厳しすぎる素敵な人々。
ララが抱える生きづらさは、結局のところ、人が誰もが抱えているある種普遍的な生きづらさ。そんな中でも強く、自分らしく、自分らしさを悩みながら、生きる。
負けない。