knkne

ステータス・アップデートのknkneのレビュー・感想・評価

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)
3.0
いいねの数とかフォロワーの数とかばっか気にして画面の中と画面ばかり気になる空虚な人間にはなりたくないしそれほど愚かしいことはない。
所詮自分の見せたい面しか見せないのがSNSだと思ってるので。
承認欲求と自己顕示欲に溺れ本音は鍵を付けたアカウントを身内にのみ晒して何が楽しいのやら。自らは広い世界と繋がってるつもりかもしれないけど都合の良いフィルターで通した狭い世界はさぞかし見晴らしはいいでしょう。
自分がそうであると自覚してからが中身のある人間の第一歩じゃなかろうか。

まあコテコテで中だるみありの現代ティーン向け映画。妹がどんどんアニメの世界に没頭していくのは何にも頼らず自分の世界を表現していたということだろう。
主人公イケメン設定にしなくてよかったのに、、
途中サクサク進めるためのご都合すぎ展開が続いたのも痛い。
自分が本当に求められ力を発揮できる場所を客観的に吟味できる力が重要であり浮ついた心を自制できるのが大事です。正しい役というのは現実には用意されていませんが必死に、心から楽しんで演じ切らなければ。
他人の夢に自分を投影しているだけでは死んだも同然。