こむぎ

グリーンブックのこむぎのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.0

試写会にて。

『最強のふたり』のような感じかなあと思っていたが、予想以上にこれは類似作品ではなかった。強いて言うなら、黒人と白人の二人というくらい。

今回は、黒人の天才ピアニスト通称ドクが品が高くて教養のある人間で、白人のドライバー通称トニーが粗野で荒っぽい人間だったので、ある意味『最強のふたり』とは真逆かなと。

まだ人種差別が根強かった1962年…この2年後に公民権法が定められたということで、南部ではこんな差別が行われていたのかと実感すると胸が痛くなった。敢えて、ドクが演奏会のツアーを南部(黒人差別が強い)に選んだ理由は実際に映画を観て、知ってもらいたい。

心が温かくなる勇気を貰える映画であり、アカデミー賞には相応しいが今一度この時代の黒人差別の認識を改めることができ、勉強になったと思う。また、トニーのような黒人に向き合える白人がいたという事実は凄いことだったのだと深く考えさせられた。

音楽は時代を感じさせるザ・アメリカっぽい感じで、とても良かったのでサントラを聴き込みたい!

誰かも書いていたけれど、ケンタッキーのくだりは面白かった(笑)マハーシャラ・アリの表情の変化には驚いた!助演男優賞には納得しました。

たくさんの人に観てもらいたい映画だったなあ