てるたん

グリーンブックのてるたんのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.1
イタリア系白人の運転手トニーと黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーがアメリカ南部でのコンサートツアーで起こる出来事を描いたお話。

2人の性格、世間から受ける待遇が対照的で、当時の黒人への差別の酷さが伝わってくる。
トニーの態度も差別から尊敬へ変化する様や、心を開いていくシャーリーの心理がとても上手に描かれていて、相手の置かれている立場を理解したり、言葉の使い方を教えてあげたり、不足な部分を補う関係。

家族を大事にするトニーが、同じようにシャーリーも大事に守ろうとする。
孤独だったシャーリーが仲間や家族という温かい存在を知る。

差別を恐れずに踏み出した一歩。勇気の先にあった友情。

良い映画でした☆