non

グリーンブックのnonのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.2
ようやく観に来れました。沁みる、沁みる、とにかくじんわり沁みる作品。貧しくも愛ある家族に恵まれたヴィゴ・モーテンセン演じるトニーとマハーシャラ・アリ演じる社会的に成功したけれどひとりぼっちのピアニストドク。旅の中でお互いを認め合うことで心と感情がらぶつかり影響し合っていく。カティーサーク、翡翠の石、拳銃、フライドチキン、手紙。嘘でなくデタラメ。差別やLGBTの問題も含めつつ、重くなりすぎず、むしろ笑う場面もたくさんあったくらい心が温まった。マハーシャラ・アリ、ルーク・ケイジで演じていたコーネルもピアノが弾ける設定だった。ピアノがよく似合う。しかし、私的にはやはりヴィゴ・モーテンセンが最高!!!外見を含めた役作りも、トニーの人となりや心情についても素晴らしい演技をみせてくれた。特に黒人に対しての差別的な考えがあったトニーがドクと旅を続ける中で変化していく様子と、トニー自身が持っている愛情深い内面が絶妙に交差する感じがよかった。それがいちばん沁みたかも。本当に素晴らしい作品。久々にスコア4.0超えた。