ローズ

グリーンブックのローズのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.7
何となく人種差別がテーマの映画、と思って観たけど、もっとずっと深かった。
差別されている黒人の方が教養が高くプライドも高く、白人だけど教養も無く粗野な男だけど根はいい人の二人。
同性愛の要素も出てきたり、金持ちとスラム街の対比など、ありとあらゆる差別の中、人として心が繋がっていく事の尊さ。
ピアニスト役の人の演技も素晴らしかったけど、デブのオッさんになったビィゴモーテンセンが、だんだん可愛く見えてきて、本当に魅力的な男だった!
ハートウォーミングな映画です。