明石です

グリーンブックの明石ですのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.8
舞台は60年代。黒人のピアニストが白人の運転手を雇ってアメリカ南部を旅する話。
実話に基づいた物語。これは傑作ですね!!

差別主義者で教養のないマッチョなイタリア系アメリカ人のトニーと、エリートとして育てられた上流階級の黒人シャーリー。

公民権運動が起こる前の物語なので、今の人なら目を細めたくなるような人種差別描写があります。黒人専用ホテルや黒人専用トイレ、また黒人は夜にであることをを禁止されてるなんてルール、本当に存在したんですね。しかも当の白人は「黒人は専用のを使って当然」と、まるで彼らを汚物かのように扱う非人道的なシーンが印象的でした。
たった60年前とはいえ、アメリカ南部はここまで差別がひどい場所だったんだと実感しました。差別なんて言葉すら生温い、まるで黒人には人権自体ないみたい。

しかし再度はスカッとする話でした。”Only the dignity prevails.”「尊厳を守り続ければ勝ちだ」素晴らしい言葉…「白人でも黒人でもなく、男ですらない(ゲイ)俺は一体誰なんだ!」とシャーリーが叫ぶシーンが1番心に残っています。単純に肌が黒いからといって黒人らしさを押し付ける社会の中、シャーリーには居場所がなかったってことですね、、人種問題についてもっと知りたいなと思えた作品です。

トニーがシャーリーにKFCのフライドチキンを無理やり食べさせようとするシーンは笑いました。「皿もフォークもないのにどうやって食べるんだ?」「手で食べるに決まってるだろうが」というやり取り。人種をテーマにしたほっこり笑えるコメディといった感じ。

俳優2人の演技力もすんごい。トニー役の俳優さんは本当にイタリア訛りの英語を話す教養のない男性に、シャーリー役の方は本当に上流階級出身の天才ピアニストにしか見えなかった。
これはアカデミー3部門受賞もうなずけますね。