りっっ

グリーンブックのりっっのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.0
黒人天才ピアニストのドクと彼に運転手として雇われたトニーの話。

テーマは、黒人差別。
トニーは野蛮な性格で、映画序盤では黒人に対する偏見を持ってた。
でもドクと会話を重ねるうちに、いつしかドクの権利を守るために動いてた。
本当はこれくらい簡単なことなんだよなぁ。
外見なんて、その人の一面にしか過ぎないし、中身を知ればその人についての考え方なんて簡単に変わる。
中身を知ろうとせずに、土地のしきたりだからとか言って、レストランに黒人を入れない奴らとかは本当にもったいない。

この映画はトニーの考え方の変化が主軸だけど、トニーと出会ったことでドクの考え方も良い方向に変化してるんだよなぁ。
ピアノの才能があり、その分お金もある。
だから、ドクは同じ黒人からも白い目で見られ、孤独を感じている。
でもトニーと出会って、自分の殻を破って、自分から行動するようになってた。

ドクにはトニー、トニーにはドクが必要だったんだろうなぁきっと。

トニーが、黒人差別をする奴らを持ち前の野蛮さで蹴散らす感じが最高でした。笑

ケンタッキーくいてぇぇぇぇえ!!