グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(13館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

AI

AIの感想・評価

3.3
トニー役のヴィゴ・モーテンセン、ドンシャーリー役のマハーシャラ・アリ2人の演技が輝いた作品。特にマハーシャラ・アリは素晴らしい役者だ。
グリーンブックというガイドブックの存在は衝撃的だが、劇中ではそんなに重要でない場面で登場する。敢えてこの作品のタイトルとした理由は、現代のアメリカでも人種差別が根強く残っているというメッセージを鑑賞者に伝えたかったのだろう。
伏線を小出しにしながらきっちり回収していく丁寧でシンプルな脚本。
この作品の中から多くの名言が生まれたのではないだろうか。
"You never win with violence. You only win when you maintain your dignity."
"If I’m not black enough, and if I’m not white enough and if I’m not man enough, then tell me Tony, what am I?"
つー

つーの感想・評価

4.5
友情😂
ローズ

ローズの感想・評価

4.7
何となく人種差別がテーマの映画、と思って観たけど、もっとずっと深かった。
差別されている黒人の方が教養が高くプライドも高く、白人だけど教養も無く粗野な男だけど根はいい人の二人。
同性愛の要素も出てきたり、金持ちとスラム街の対比など、ありとあらゆる差別の中、人として心が繋がっていく事の尊さ。
ピアニスト役の人の演技も素晴らしかったけど、デブのオッさんになったビィゴモーテンセンが、だんだん可愛く見えてきて、本当に魅力的な男だった!
ハートウォーミングな映画です。
Naoto

Naotoの感想・評価

4.0
差別という重たいものなのにただ重いだけの映画ではなかったのが良かった。
よくここまで差別できるなって時代だったのに、シャーリーはあえて南部を回るという危険な旅にでて、更に白人だけでなく黒人にまでもいい目で見られないという孤独とも戦っていてとても人間性が高く、芯の強い人だと思った。
才能だけじゃ足りなくて勇気が人を動かすって言うのがカッコ良すぎた!
トニーリップとロードオブザリングのアラゴルンが一緒なのビックリしすぎたわ😂
ケンタッキー食べたい!

2019 13
shogo

shogoの感想・評価

4.3
記録し忘れ。

すーごい好き、これ。
Eriko

Erikoの感想・評価

4.8
やっと今年のアカデミー賞受賞作品見れた!旅を重ねるごとに合わない2人が合っていく。黒人差別についてよく知れた!
yukimi

yukimiの感想・評価

4.2
性格も、育ちも人種も違う二人が、旅を通じてお互いを認めて、友情を育む物語。

実話をベースにしているそうですが、ロードムービーの様な趣きで劇的な場面変化は無いものの、終始暖かい空気を感じられる作品。

本来、人と人は思想は違っても尊重し合えるよね、ってメッセージが込められてる感じします。

休日に良質な映画を観たい時にぜひ!
rico

ricoの感想・評価

5.0
ずっと観たかった。
金曜日の仕事終わりに、楽しみに今週を乗り切った。3月に見てから時間経っちゃった

ドクへの理不尽な対応は
これが数十年前には当たり前だったと思うと恐ろしい。

---------------
色合いが可愛い、翡翠色の車が映える

トニー可愛い。
血が上りやすいけど、奥さんと子供、友達LOVEなのが荒っぽい性格な合間から見えてくる。可愛い。奥さんへの手紙可愛い。
ドクの手紙講座


キリキリした心がふわっとあったかくなる映画でした

このレビューはネタバレを含みます

差別を考えさせる映画。
トニー自身差別していたのに、最後はとてもいい関係を築く

レストランで、演奏者なのに中で食べることを許可されない。最低!!

その後黒人の多くいるバーでピアノを弾くシーンは最高
音楽を心からみんな楽しんでた☺️

シャーリーがクリスマスパーティーに来て、皆がそれを受け入れてる
トニーの奥さんがシャーリーとハグしながら手紙についての感謝を伝える
ここで泣いちゃった。
>|