グリーンブックの作品情報・感想・評価・動画配信 - 8ページ目

上映館(2館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

Sae

Saeの感想・評価

3.9
荒くれ者トニーが変わっていく話かと思いきや、黒人ピアニストのドクターの方がトニーの真っ直ぐなところに、救われてたりしててそこが良かった。
chiri

chiriの感想・評価

4.3
紛れもなく現代にも残る「人種差別」。今よりも遥かに色濃く残っていた差別の時代を生き、生き様が変わっていく男たちの話。美しい物語。
黒人差別映画はよく見るけど、ドクは
あの頃の黒人の中でも、良い育ちで経済力もあって、才能をみんなから認められてて、なんか珍しいパターンやなってかんじ。
周りも演奏については絶賛したり才能を認めてくれてるのに、でも結局トイレは別やし、控室は物置やし、結局頭の奥の方では差別してるねんなあってかんじ。

自分はどっちでもないから居場所がないって言ってたんも納得やわ。

そんな無慈悲な世界やからこそトニーおじさんまじ最強やなって思った。
たぶんこのおっさんは、色々世の中の汚い所見てきて、散々修羅くぐってきたんやろなって思う。

見てるこっちも、このおっさんおらんとこでドクが単独行動してたらめっちゃ心配なる。
まじ用心棒として最強。口悪いし、あほやけど死ぬほど頼りになる。

イライラもしたりするけど、お互いのことリスペクトしてて、めっちゃええ関係やな思った。
masaki

masakiの感想・評価

-
知的な黒人ピアニストドクターと乱暴者の白人運転手兼用心棒トニーが、コンサートツアーの道のりの中で友情を育むお話。
2人がツアーに向かうアメリカ南部はまだ人種差別が強く、ピアノの舞台に立てば拍手を浴びるドクターも舞台から降りれば黒人として酷い差別を受けます。普通のトイレに入れず外のボロボロのトイレに案内されたり、レストランに入れなかったり…その他にも可哀想なシーンが沢山ありました。
トニーも初めは黒人に対して差別意識がありました。しかし旅の中でお互いが尊敬したり時にはぶつかったりしながら少しずつ距離を縮めていきます。
荒っぽく無教養だけど正直で真っ直ぐなトニーも素敵。
グローバル化するこの時代、国や人種が異なる事で偏見を持たず、人と人として向かい合って人を見る事の大切さを教えてくれる素敵な映画でした。
宮

宮の感想・評価

5.0
こっれはほんとに見た後余韻に浸るほど気持ちよくなる。心で通じ合うストーリー。ああ幸せ〜
Yuri

Yuriの感想・評価

4.0
テンポが良く展開が進んでいき、とても良かった。
takey

takeyの感想・評価

3.9
人種の壁を超えた、
う

うの感想・評価

-
シンプルにハッピーエンドで好き。
KENchanISO

KENchanISOの感想・評価

4.1
2020年10本目
トニーとドクのやり取りが、いちいち面白い(笑)映画予告にもあった、フライドチキンのくだりは、やっぱり最高やった。

今よりも差別が濃い中、品位と芸術性を保ってたドクがかっこよすぎ。
SHUNPIYO

SHUNPIYOの感想・評価

3.5
ヒューマンドラマ系ではかなり好きな方です。もうあとひと押し、ほしかったかな〜