グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(13館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

黒人ピアニストと白人運転手のアメリカ南部ツアー。
寡黙なシャーリーの演奏から伝わる感情、型破りなトニーとのバディが素敵でした。
現実を描きながら展開が重くなり過ぎてない点も好感持てます。
pchango

pchangoの感想・評価

4.1
今年最高の一本。脚本、キャスト、音楽、どの要素も良く出来ている。
kaoppeko

kaoppekoの感想・評価

3.5
実話ベースなので3割増し。とてもいい話だったけど、冒頭で飲んだコップをそのまま捨てるほど黒人を毛嫌いしていた主人公がなんの葛藤もなく運転手になり、交流を深めていくというのがずっと違和感のままだった。
最後のシーンに救われた。
問題提示がいくつもあって、でも、ライトに描かれてて、ずっしりと重くはならないんだけども、黒人間、白人間でも差別があることも。これからも課題だなあ。
クリスマスに観たい映画が増えた◎
なおね

なおねの感想・評価

3.3
ダメじゃない。よいところもたくさんあるけど、高評価が難しい作品。
アカデミー作品賞というのがうーん
蔵

蔵の感想・評価

4.8
これがね…本当に胸に残ったんです。

差別が根底にあった序盤から、次第に終盤にかけて(元々の性格も相まって)縮まる距離と増える笑顔の描写がとても温かかった。
ドクターの強い信条や葛藤に胸を打たれて一緒に涙し、トニーの大雑把で無頓着な陽気さは時にトゲになり、時に救いになる。
2人しか築けない関係性にどんどん引き込まれ考えさせられた。

差別ってやっぱり人との触れ合いと体験次第で変わっていくものなのね。歩み寄ろうとする姿勢やきっかけって大事。そして無意識と無知は怖いものだと思った。
深い作品でした。
テン

テンの感想・評価

-
2019/06/26
@アップリンク渋谷
ホールピザをたたんで頬張るのが印象的だった。今度ヤッてみる!
non

nonの感想・評価

3.8
名作
muratamar

muratamarの感想・評価

3.7
本当に差別がこんなんだったのかと知らなかった事への驚きと、結局最後まで態度は悪い相棒のリアリティがよかった。一歩踏み込んだからこそ見えた世界が彼の音楽へのエッセンスになるんだろうなー。金持ちは馬鹿にされてるなー、これなら馬鹿にされるなー。
>|