グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

Akari

Akariの感想・評価

4.0
ケンタッキーフライドチキンが無性に食べたくなる…笑
ストーリー展開的には王道で、伏線の回収も丁寧だし、観客に優しい映画なので、万人ウケは間違いない。
ただ、一歩間違うと安っぽくなりがちなこの映画を支えているのが二人の演技。
鑑賞後、色々と調べてみると、あれも実話だったの?!と驚くことが多々ありました。家族・友人・パートナー…誰とでも鑑賞出来る映画。
ヒ

ヒの感想・評価

4.3
私もケンタッキーでチキン食べて車の窓から骨投げ捨てたい!
Nanami

Nanamiの感想・評価

-
2019.10.20
ボギー

ボギーの感想・評価

5.0
ケンタが食べたくなる映画(笑
KEI

KEIの感想・評価

4.3
トニーとシャーリーの友情がいいよね。
シャーリーの笑顔が見れたときはこっちまで嬉しくなった。
また、
映画を観ていると、差別の酷さに腹が立った。
映画自体は最高。
間違いなく良い映画。
ごみ拾うシーンや、雨で叫ぶシーンや、バーでのピアノや、もろもろと忘れられない名場面がたくさんでした。無理矢理な感じもあまりしなくて、ロードムービーとして素晴らしい。
でも、トニーがただの良いヤツ過ぎたかな。もっと差別意識が強くて険悪な二人が旅を通じて仲良しになる話を想像し過ぎてたので、少し拍子抜け感もある。グラスのシーンは絶対いらない。グラス捨てる人はあんな順応できない…。そこが違和感過ぎて、集中できなかった。
RyoYo

RyoYoの感想・評価

3.4
ほっこり系
差別ってのは本当にすごかったんだなとかヴィゴの身体逆にすごいなとかピアノすごいなとか色々あったけど
最強のふたりを見たばかりだからどうしてもかぶる
TT

TTの感想・評価

3.8
こういう映画好きやなあ。
凸凹コンビは、やっぱり面白い。

二人の友情、最後のシーンでホロリとした。
tomokovsky

tomokovskyの感想・評価

3.8
【人間の汚い部分を見せつけられ良心が揺さぶられるロードムービー】
前半の差別的な表現は胸が痛くなる。でも私自身も、あの時代に裕福な黒人がいることなんて想像できなくて(鑑賞後ググるぐらい無知だった)自分自身が偏見にまみれた人間だと思いしらされた。主人公もイタリア系とあってあるところでは差別される側。それでも黒か白かで分けられるところでは差別側にまわる。このコントラストがあるからこそ、異国のストーリーでも鑑賞者をストーリーに引き込ませてくれるような。それに、ストーリーは起承転結の王道ロードムービーだけど、場面場面のウィットに富んだ会話が味になってていい感じ。最後に、あの奥さんね。こんなにいい女いるのか?!とても憧れるしこんな風に生きたいと思うけど、無理無理と思うほど聖母だった。あれだけはフィクションだと信じたい。笑
>|