グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

とと

ととの感想・評価

3.7
マイノリティを扱った作品が数多く存在する中でもオススメしやすい1本。

人種差別やマイノリティを多分私は根本的に理解出来ていない人間なので、観れば観るほど薄っぺらな自分自身を自覚してしまうことに恐れさえする作品だった。

なので違う目線で見ることに。

「完全な黒人でも完全な白人でも完全な男でもなかったら一体私は何者なんだ」

シャーリーの叫びや
リップの思いやり
奥様の優しさ
それぞれ個人が問題に向き合う姿を通して、大きな問題は小さな意識から変わっていくんだと、この作品で学んだ。


ピーターファレリー監督っぽさが作品全体に広がっていて特に笑いのセンスはやっぱり好きだなと思った。

ラスト、
2人には一生の友人を得るというクリスマスプレゼントが送られた。
幸せの連鎖、素敵。
ぴ

ぴの感想・評価

4.0
人々の固定観念に縛られ苦しみながらも平気な顔をしていきている天才ピアニスト、彼と出会うことで本来の柔軟さに加え、より視野が広がっていくボディーガード。黒人だから、白人だからと差別的に描かれる作品が多い中で、今作はそんな概念を壊し、人の性質を丁寧に描いている。
男2人でこんなことしたいな。
本当に楽しいんだろうな。
個人的にはあの車大好き。
ケンタッキーも好き。
車も好き。(2回目)

好きなものの映画。
HARUNA

HARUNAの感想・評価

3.8
全体的に綺麗にまとまった、優等生のような映画。

途中、胸が痛くなる差別シーンもあるけど綺麗にまとめた終わり方でホッとする。

主人公2人の心情の変化や距離感、周囲の人たちの描き方など、時代背景と上手くマッチして進んでいく。
まさを

まさをの感想・評価

4.5
白人の用心棒と言っても、イタリア系移民ということから、いわゆる”WASP”ではありません。黒人への人種差別もそうですが、主人公が2人ともマイノリティという見方もできる映画でした。何より作り話ではないところが良かったです。
物語も素晴らしく感動的でしたが何より60年代のファッションや音楽、文化が非常に素敵でした。

当時の世界観を感じさせるセットが細部まで再現されているのでそこに注目してもう一度鑑賞したいです。

見た後はケンタッキーとピザが食べたくなります。笑
ヴィゴの最近の作品のなかでは一番よかった。
お腹がw
uyumi

uyumiの感想・評価

4.5
ほんとに見たかったので見れてよかった!!!!!
人種差別系の映画は見るたび胸が痛くなるけど、私たちも黄色人種だし、差別の面では全く無関係というわけではないなと思う。
昔起きたことを知っていくのは必要。
おれ

おれの感想・評価

2.6
白人のための白人賛歌物語でした。
>|