グリーンブックの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(4館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

人種差別というテーマを描いているが、テンポが良くコミカルなシーンを織り交ぜられていて重くなり過ぎていない。
主人公たちは絶妙なコンビで、その掛け合いを楽しむことが出来る。
ma

maの感想・評価

4.5
最高のふたり、大好きな映画だったけどそれ以上にいいかもしれない。
二人の魅力、最初は全然わからなかったのに、もうラストでは完全に感情移入して気持ち全部持っていかれました笑
思ったより差別がすごい。その意識もなくて、あんなこと普通にできちゃうのが怖い...
mo

moの感想・評価

4.0
観終わったときに、あ〜いい映画観たなぁとニンマリできる作品
めちゃくちゃ良かったよ。
アカデミー賞で賞を取るような作品は小難しくてとっつきにくい内容と決めつけていたが、なかなかどうして普通にエンターテインメントとして楽しめた。
ちょいちょい挟まれるギャグやジョークもさりげなくて好感が持てた。
白人と黒人、与太郎と知的なミュージシャン、ガサツな性格と繊細な性格、他にも色々と正反対な人間の二人が、最初は偏見と疑心暗鬼で反発し合うもだんだんと互いを知り、打ち解けあっていくロードムービーなバディもの。
ありきたり、よくあるパターン、テンプレと言われても仕方のないド王道な内容だったが、自分はそれが良かった。水戸黄門的な安心感で見ていられた。
普通に見れば黒人差別を社会問題として捉えたヒューマンドラマだが、見る人が見ると白人至上主義に見えるらしい(いわゆる「白人の救世主問題」)。
毎回思うが、そういうことを言い出す連中こそが差別を助長してるんじゃないか?女性差別然りな!

差別差別と眉間にしわを寄せて見るのではなく、楽にして見れば良い。せっかくの面白い内容と素晴らしい音楽が台無しだ。

あ、粗探しといえば、車内のシーンでなぜか後部座席の窓にだけ雨が降っているシーンがあり不思議だった(笑)
kunico

kunicoの感想・評価

4.0
王道のヒューマンドラマ
こんなにもストレートに感動できる作品がアカデミー賞で賞賛されたのは気持ち良い。
TeRU

TeRUの感想・評価

4.0
人間が積み上げてしまった負の歴史である差別の歴史をしっかりと描きつつもトニーの黒人への意識の変化も描かれているので、胸が苦しくなるような辛いシーンの中にもどこか心温まる包容感を感じるような映画でした。

序盤ではトニーは黒人に対して差別的意識を持っていますが、それを『黒人が嫌いだ』という直接的な言葉で表すのではなく細かい仕草などで表現しており、そこが絶妙でした。

シャーリーは友達もおらず黒人迫害の影響はあまり受けずとも認められている訳では無いという狭間に生きている状況であり、そんな彼がトニーと接していく上で今まで知ることのなかった世界を知っていくのがとても微笑ましく胸が熱くなりました。

人間というものがどれだけ自分の作った固定概念の中でものを判断しているのか、そしてどれだけその固定概念が理由も根拠もない曖昧なものなのかを再認識させられました。

一見したら黒人について差別意識を持っているトニーにも頭の固いシャーリーにも不満などを感じそうですが、トニーが地元へ残してきた奥さんへラブレターを書く際の過程だったり、二人の移動中の会話の中でどんどん愛着が湧き、そしてどんどん感情移入してラストシーンではそこに自分もいるような感覚と感動を僕は感じました。

この時代の汚さと綺麗さの両方がしっかりと描かれていることでこの時代に実際生きていなかった僕でもスムーズに映画の中の時代に入っていくことが出来ましたし、鑑賞した後になると「グリーンブック」というタイトルにさえ深い意味とこの映画との関連性を感じて…全てが凄すぎて上手く言葉では言い表せないほどです。

僕が今までで観た映画の中でも本当に大好きな1本になりました。
トニーのまっすぐな感じというか
人間くさい感じがすごく好きだった。

最後のシーンは暖かい気持ちになりました

おれもケンタッキーのフライドチキンを
あんな風に食べてみたい。
かのこ

かのこの感想・評価

3.0
展開的にはそこまでどんでん返しなどなく単調な流れだけれどおもしろい。色々と考えさせられる映画でした。