グリーンブックの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(4館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

のあけ

のあけの感想・評価

4.5
日常における当たり前のように存在する差別が描かれているのにほっこりする。
心地よい音楽が流れ、随所にユーモアが散りばめられてるヒューマンドラマ系映画はどストライク。

クリスマスがまた楽しみになった。
【我らがファレリー監督がオスカー受賞した件について】
 2018年はギレルモ・デル・トロ監督が、そして2019年はファレリー監督がアカデミー作品賞獲っちゃったなんて!相次ぐ贔屓筋監督の朗報に誉れであります。
 下品で不謹慎なギャグで笑いをとりながら、いつも弱者、被差別者への優しい眼差しを忘れないのがこの監督の持ち味。いつもの弾けたお笑いは今回徹底的に封印しつつも、全体に通底するヒューモアはもちろん健在。でも昔からのファンはなんだか寂しくもあり、監督に受賞してもらいたくもあり、複雑な心境。ボビーさんにもよろしくお伝えください。


 
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

4.5
ほんわか。
でもそんな流れとは裏腹に起こる深刻な社会問題。
構成が上手。
最後まで飽きずに見れるのがすごい。
naoko

naokoの感想・評価

4.0
人種差別を扱っている映画をあまり見たことが無く、恥ずかしながら"ニガー"や"ジム・クロウ法"についても知らなかった。最初から偏見のなかった奥様はステキ。最後の演奏の日まで契約を守り演奏していたドクが、最後の最後でトニーへの信頼を表していた。素敵な映画でした。
人種差別系の映画はほとんどが、胸糞系か感動系のどちらかに分類されるように思うが、この映画は感動系、というかほっこり系でしょうか。

ちなみに実話ベースとのこと。

元々黒人嫌いの主人公だが、二人の会話が素晴らしく、クスッと笑える部分も多い。
言われるままに手紙を書くシーンはお気に入り。

南部での激しい黒人差別の表現には胸糞悪くなるが、何に対しても裏表なく正直で自由奔放な主人公に対して、諭しながらも理解を示して行くドク。自分の気持ちを主人公にぶつけるシーンでは胸を打たれた。

ラストは最高、ドクの笑顔が見られて良かった。
よかった。
ずっと感動してる。
アポ

アポの感想・評価

4.3
圧倒的カタルシス映画。
負の感情は全て洗濯されて綺麗な心になるそんな映画。
やっぱり最初は相容れない関係が時を経てお互いの内情を分かち合っていくうちに認め合うというもの魅せられるのは気持ちがいい。
どんなに最初は気の合わないと思った人でも話したり時間を共有すれば分かち合うことができることもあることを教わった。
Aris

Arisの感想・評価

4.5
いい映画見たなぁ🎬、
やっぱ映画っていいなぁ☺️と思える作品にまた一つ巡り逢えた✨
グリーンブックってそういう意味だったのね🤔

粗野で無教養のイタリア系白人がマネージャーとなり天才黒人ピアニストと一緒に黒人差別に厳しい地域を演奏して周るロードムービー🚗

どの映画見ても思うけど、黒人差別が描かれてるとホント酷くて毎回心が痛む…黒人って言うだけであんなにも扱いが違うだなんて…そして今回はゲストとして行っているのにもかかわらず…😭

苦境に見舞われる中でも相反する2人が乗り越えていく過程で徐々に距離が縮まっていくのがとても良い😉最後はほんと心が熱くなった✨

私もケンタッキー州で本場ケンタッキーをバケツで買って頬張りたいし、ピザをホールで二つ折りして食べたいって思った😂w

見終わって何がびっくりしたって、
マネージャートニー役の人ってロードオブザリングのアラゴルン役の人だったのね‼️アラゴルン見てた時はかっこいいなぁと思ってたけど、ずいぶんと貫禄でたのね😁