グリーンブックの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(3館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

記録用🙇‍♂️
話の題材も興味深いし、終わり方も好き。
久々に本当にいい映画に出会ったな。
これが実話を基にしているとなるとまた。

ガラ悪い感じのトニーにどこか高貴さを感じてしまったのはヴィゴモーテンセンだったからでした。
アラゴルンの面影無し、、さすが!

どこでぐわっと盛り上がる、とかではないけど、
まだまだ残るcolord差別に対して何か行動したいなと思うような映画でした

人間なんて関わってみないとわかんないんだよ、見た目で決めるなよ

ってメッセージが熱く込められてる映画
実際実話なわけで、そうなんだよ
関わってみたら全然いい奴じゃん、逆も然り
百聞は一見にしかず
自分の感覚を大切にしようと思った

ライオンの絵本も読んだばかりだったから尚更(タイトル忘れた)

あと人から言われて思い出したけど
トニーが吸ってるのみてタバコめちゃくちゃ吸いたくなった(吸わない)
aya

ayaの感想・評価

4.5
いい映画だったー!!!トニーリップがビートたけしにみえた。
ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

すっごく良かった‼︎ほっこりして拍手したい気分。長々と感想書くが、要は素直がいちばん!って感じ。

最初は黒人嫌いだったトニーが、ドクターの魅力を素直に受け入れて、偏見が消えてゆく。
一方、ドクターは知的に品格高く生きるのが偏見の中で生き抜く知恵みたいだったけど、もっとラクに楽しく時にはズルしても良いことをガサツなトニーから学んでいく。

人種で判断すると幸せ失う。個人の性質をちゃんと知って付き合って、良いところを素直に吸収しあえばお互いハッピーになれる。同じ人種でもキライなヤツいるもん。日本も今後どんどんダイバーシティ化。良い人間関係が生まれるといーな。

それにしても黒人差別きつい。
家に清潔なトイレあるのに、黒人は屋外の汚いボットン。
ホテルは黒人専用。
レストラン入店お断り。
服の試着お断り。
因縁つけられ殴られるなど…

白人トニーが車直している間、後部座席で待つドクターを、びっくりして見つめる畑仕事の黒人労働者達が印象的だった。
ショーンシャークの空にを
思い出した。

個人的には最後、
ニガーはやめろと言った後
2ヶ月の話をしてみんなの偏見を解いた後、トニー一家が石を眺めているドンの所へやって来るパターンがよかったです。

まぁ実話なので
変えようがないですが‥
masa

masaの感想・評価

4.4
ピアノ弾きたかった人生だった😅💦💦💦
明梨

明梨の感想・評価

4.2
ドグとトニーの距離が縮まるごとに胸が暖かくなった。ドグの堂々とした姿、優雅さ、トニーの素直さと少年ぽさに「こんな風に生きたいな」と感じた。アメリカの爽やかな風景のような映画だった。
ISEYA

ISEYAの感想・評価

3.5
良+♪
はぐれ黒人の悲哀だけど、
かなりレアケースですね…
良い内容で、良い人達が沢山出てくる映画。トニーとドクターの友情、とても素敵でした。
せれん

せれんの感想・評価

4.5
ウィゴの兄貴のかっこよさが最高でした。
いつもとは雰囲気の違うヴィゴの兄貴も素敵です!

最初は距離感のある2人、しかし長旅で徐々に色の隔たりがなくなり交わっていく。

黒人差別がメインテーマではあるんだけど、それを全面に押し出さず自然に、あえて言うならリアルに映し出していて主張しすぎない作りなのも良かった。

どうしても差別全面に押し出して、結局それしかないありきたりなストーリーになっちゃう作品は多いけど、この作品はそうではない。

寂しさと温もり、それぞれを感じられる作品でした。

ケンタッキー州のKFCに興奮するトニー、フライドチキン初のシャーリー
骨は捨ててもゴミのポイ捨ては許さないシャーリーの「拾いなさい!」に従うトニー。
とにかく最高。

シャーリーは言う。
「白人でもない、黒人でもない、男でもない私はなんなんだ?」
確かにシャーリーを見ているといつも一人ぼっち、白人には差別され、黒人にも避けられる。

しかし終盤は最後の演奏で、楽しそうで一番活き活きした演奏を見れた。
アメリカのクリスマスはアメリカ中が幸せな雰囲気や空気感で包まれる。
ラストの警官はクリスマスの魔法のおかげ?
それとも、悪いやつばっかりじゃないってこと?

ラスト、トニーがシャーリーの家に行くのかなと思っていたけど逆だったが最後のセリフで理解した。
「旦那さんを返しましたよ」。
そして最後に奥さんがシェリーに「手紙をありがとう」。

いいお話で楽しめました。

2019年276作目