グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(4館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

こりゃまた素晴らしい作品が出来たなあ。
とゆうのが見終わった後の第一声でした。

グサッと刺さるのではなくツーンと響くような痛い悲しい気持ちと、クスッとさせる小気味の良いジョーク。
誇り高く生きるドンと、明るくてガサツなトニー。正反対なふたりの友情に胸がホッカホカになります。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.5
私の愛するヴィゴが、セクシーさのかけらもないメタボおっさんやっているが
それであってもやはりその演技力をもってしてヴィゴである。

天才高潔アスペ風黒人と心根の優しい白人おっさんがドライブして話まくる映画。
であるが、その全てがおもしろい、愛おしい。単に笑えるだけでなく、2人のキャラクターによってもたらされる親愛なる笑いがたまらない。
黒人差別(そしてあらゆる差別やマイノリティ)についての映画だし、その内容は辛辣だ。でもこの2人のほっこり系やり取りがあるから見やすいし、あっという間に終わってしまった。
2人とも素晴らしい演技だった。ぶらぼー!
It's not so bad. i wanted to playing scenes. this is comedy.
人は変われる。
俺の好きなピーター・ファレリーじゃない…。
人種、境遇、性格がまったく異なる2人が心を通わせていくロードムービー。苦しい差別のシーンもありつつ、笑えて心温まるやりとりが多くてとても良い。
ケンタッキー、手紙、最後の演奏が大好き。
重苦しすぎず楽しく見られる作品でした。
10/19
早稲田松竹 ラストワン
コメダと
マサ

マサの感想・評価

4.0
日本人の感覚ではどうしても

実感し難い黒人の差別問題を

コミカルかつ分かりやすく表現されていて

非常に観やすかった。

差別というのは、偏見と集団心理で

起こるもので

その人の本質を知った時、人種や性別等は

本当に些細な事だと改めて感じた。

ただ、社会や世界は無慈悲でもあり

そことどう立ち向かい、向き合うかというのも考えさせられた。

この作品も何かを絶対感じれるので良い作品だ。

また、ドクの服装のセンスも秀逸でそこも見所かと思う。

トニーの何とも言えない粗暴だが、

愛嬌のあるキャラクターも絶妙だ。

ただ、一つ苦言するなら

やはりトニーのTシャツとポロシャツとタンクトップが

これでもかというくらいにパツパツなのは

気になってしまう。
Yutaa

Yutaaの感想・評価

4.1
涙が自然と出る。人間はいくつになっても変われるんだ。良い方にも悪い方にも。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

テーマと時間的に、重たい真面目な感じかと思って手が伸ばせずにいたけど、全然そんなことなかった。コミカルで観やすくて、あっという間の130分!

フライドチキンの骨は捨ててもジュースは拾わせるところとか、「Deerは鹿だよ」とか、二人の掛け合いがめちゃくちゃ面白い。

でも、だからこそと言うべきか、テーマについて他人事ではなく考えさせられる気がした。
警官がパンクを教えてくれたシーンで、土地とか肌の色で差別や思い込みをしてるのって、トニーもシャーリーも、私もじゃん。って気付かされたり。

歩み寄る姿勢とか、理解しようとする気持ちとか、そんな綺麗なツラじゃなくていいから、一個人として相手と向き合うことが大切なんだろうなぁ。私はできているのだろうか。
と、考えるいいきっかけになりました!
あと、いつかあんなピザの食べ方してみたい!
>|