グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(18館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

主演のマハーシャラ・アリ。貫禄というか威厳というか、まあスゴイ。ピアノの弾き方がカッコいい。2回目のオスカーも納得。衝撃だったのが、プールのシャワー室のシーン。抑えられなかったって事なんだろうけど、切ないよ。それまでと違う、弱さを見せる。こんな演技も流石。
主演、マハーシャラ・アリって書いたけど、相棒のヴィゴ・モーテンセンでダブル主演。この二人のバディ・ロードムービーなんだけど、珍道中ってのが合ってそう。コミカルさが何とも言えない。でもね、ラストはどうなんだろう?こんな終わり方になって欲しいとは思ったけど、その通りになっちゃうと、なんか拍子抜けで。妻の感謝まで付いてくると、わざとらしさも感じちゃって。
二人が乗る自動車がいい。キャディラックのデュビル・セダン。外装色がターコイズ・グリーンで、シートもグリーン、この作品のためカスタマイズしたとか。こんなこだわりもおしゃれ。
あと、楽団の二人もいいね。マハーシャラ・アリ演じるシャーリーの才能に惚れ、この「ディープ・サウス」ツアーについて行く。ドイツ人の彼がシャーリーをフォローする言動もいい。モーテンセン演じるトニーがイタリア系で、シャーリーの執事が中国系で、それぞれが語る。こんなとこも、この作品の魅力。
saki

sakiの感想・評価

4.2
人種差別について考えさせられる。
おもしろくて心が温まる!
当時の黒人差別の社会を改めて思い知らされる。男の友情に泣かされる。
人と見に行く予定だったけど、
結果ひとりで見てよかった。

麗しのヴィゴがあんな姿になるなんて、、、シンプルにすごくいい映画だった。

でも、アカデミー賞には賛成できない笑
思った以上によかった!
結構こういうのみないんだけど、ハイセンスだしスカッとしすぎないけどほっこりする感じでよかった。最後のシーンとか、途中の乱闘シーンのギャグ的なのも結構こういうジャンルでは使われないこと多いから好きだった。
二人のコンビが良い。
面白い。やっぱり人種とか関係ないよね、個人だよね。って簡単に言うんじゃなくて、それぞれの人種にだってアイデンティティがあるんだ、と考えさせらました。

本当の意味で個人を尊重していきたいですね。そんな人になりたい。そして、自分を好きになりたい。
tok

tokの感想・評価

4.0
なんか全部ちょうどいい。なにかが特に秀でてるわけじゃないけど終始ちょうどいい。
のりこ

のりこの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

伏線の回収が見事でストレスなく見ることができて、クスクス笑える場面がたくさんあった。一方で、当時のアメリカ南部の差別の実態に触れてすごく辛かったし、憤りを感じた。黒人の社会にも白人の社会にも属せない主人公の孤独な気持ちが痛々しいほど伝わってきて、けどそんな時こそ勇気を出して人と繋がることの大切さを教えてくれるいい作品だった。最後のシーンは、報われて本当に良かったと感動した!
万柚子

万柚子の感想・評価

3.5
トニーの奥さんとてもいい人
>|