グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

ちゃい

ちゃいの感想・評価

3.8
期待しすぎた♥(ˆ⌣ˆԅ)
mai

maiの感想・評価

4.0
沢山の賞をとっているのが納得できた、
暖かい作品。
相変わらず人種差別は、観ていて嫌な気持ちになる。
根深い問題。
最後のハグのところは、感動。
ketchuper

ketchuperの感想・評価

4.0
黒人の人が心を開いていく演技が好きすぎる
そして差別はやはり偏見でしかない
黒人天才ピアニストのドクが差別の激しいアメリカ南部をガサツな用心棒トニーを雇ってグリーンブック片手にコンサートツアーでまわる話。お互いに価値観の違いから何度も衝突するが、お互いの境遇の違いからお互いの良い所を吸収し成長し、次第に友情を深めていく過程がとても良かったです。トニーは持っているがドクは持っていないもの、ドクは持っているがトニーは持っていないもの、それがラストで埋まるという最高のクリマスプレゼントだったのかなとか。差別を題材にしてますが、そこまで重くなく、コミカルでそれでいて要所はシリアスで素敵なバディムービーでした。お勧めです。ちなみに、トニー役がまさかロードオブザリングのアラゴルン役ヴィゴ・モーテンセンだったとはまったく気付かなかった…。
最後のドロレスのセリフにすごい報われる気持ち。一番のピークで終わったなと思ってる。

この後に観た「タクシー運転手」と切り口が似ていて、セットで観ると面白そう。比べると、グリーンブックは一口には語れないキャラ造形とその行動心理が魅力的だったのかもしれない。
KATSU

KATSUの感想・評価

4.0
その人を知れば良い

人は自然と変化を恐れて、
変わったモノには疑念を持つ。

無知と偏見は常に恐怖だ。

差別はなくならない。
断言出来るレベル。

けど、その人を知れば変われる可能性もある。

取り巻きに立ち向かうのは難しい。
だからこそ、彼は自分と向き合って常に恐怖に立ち向かっていた。

2人の人間味がとても良かった。

歴史や文化は知っておくべきこと。

無知は人の余裕を奪う。

自分自身、まだまだ学びたいし、知りたい。

中学生の頃観た、ドライビングミスデイジーに似た気持ちになった。

果たして、中年の俺は、中学生から成長しているのだろうか笑😁

良き作品だった👏

口が悪いが根性いい奴はやっぱり好きだ笑
サエカ

サエカの感想・評価

4.2
黒人嫌いのトニーがツアーのラストには黒人のドクを守るまでになってるところが良いところ

2人の友情は利害関係が無くて心で繋がってることが観ててよく分かった

律儀にトニーの奥さんに承諾の電話を掛けたりロマンチックなラブレター書くお手伝いしてるドクがいい人だなって思った

でも、1番好きなシーンはふたりでケンタッキーのフライドチキン食べて骨を車の窓から捨てるシーンからのトニーがジュースのカップも捨てるからドクが怒るシーンかな
とても良かった。
劇中での演奏が凄くカッコイイし、テンポが良い。二人とも強いし、飽きずに安心して楽しめました。
途中と最後にちゃんと伏線回収みたいなオチがそれぞれ付いていたところも安定感抜群でした。

余談
TSUTAYAでレンタルしたら、本編前にCM20分入っててウンザリ…そこまではいい。よくある事だ。
呆れたのはそのうち9割が延々とホラー映画のCMだったんだぜ?
とても正気じゃないね…。
amacさん

amacさんの感想・評価

4.1
人種差別がない日本に住んでる以上は完璧に理解できひんと思うんだ。
まあ考え方を変えさせる映画ではあるよなあ、しらんけど
>|