グリーンブックの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

Hase

Haseの感想・評価

3.9
人種差別を見せつつ、家族愛と友情を描いた作品。
出演依頼をしといて、あの扱い。差別って酷いもんです。
見事なおとっつぁんボディのヴィゴ・モーテンセンには、ビックリ(笑)粗暴、豪快に見えて、仕事はキッチリ、家族大好きなおとっつぁん!
あのピザの食べ方、真似てみたい(笑)
フライドチキンも食べたいが、運転中は無理だなー(笑)
「寂しい時は自分から先に手を打たなきゃ」いい台詞です。
黒人ピアニストが白人運転手とアメリカ南部をツアーで縦断する話

一方的な社会映画でこういう系は難しいと思ってたが主役2人はユーモアがありとても良かった。

黒人ピアニストが自分は周りの黒人と同じ事は好まない的なスタンスを取っていて
非常に気持ちがわかった。

アカデミー賞を取る映画は小難しいのが多いが
この映画はとてもみやすいので一度は見るべき
想像以上に、面白かった。
偏見や差別を受けながらも、絆が深まっていく過程に感動した!
ne

neの感想・評価

4.6
差別ものと聞いてクラッシュのような作品なのかと思っていたら 意外とトニー(主人公)は差別主義者の中でもライトな方で、シャーリーへの偏見もあっという間に覆ってほっこり
誤解や世間の逆行を乗り越えて仕事関係の間柄に友情を芽生えさせていく2人が少し微笑ましかった
最初はシャーリーをよく思っていなかったトニーも徐々に懐の深い漢になり、カッコイイ!と唸らされた
物語の進行速度としても中だるみする所もなく 通しとして見やすかった
ジジジ

ジジジの感想・評価

5.0
クリスマス前の今の時期に見て欲しい
mo10mi

mo10miの感想・評価

4.5
最後の仕返しすっきり。
murabon

murabonの感想・評価

3.2
映画館で二回鑑賞。
悪い映画ではないが、これだけ絶賛され前評判が高まった状態で観賞すると拍子抜け感はある。
分かりやすいカタルシスもなく、エンタメとしては薄味、過去の映画作品と比較しても新鮮味はあまり感じられなかった。人種差別問題が多く取り上げられている現在だからこそ、評価されている面もあるのかもしれない。
主役二人のキャラクターは魅力的に描かれている。孤独な心境も台詞に頼らず表現できており手堅い演出。寒さが増してきたこの時期、心が暖かくなる作品に仕上がっている。

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスにまた観よう。

黒人ピアニストの警護兼運転手をすることになった黒人嫌いの男が主人公。
初めは金のためだったが、いつしかピアニストの才覚に惚れこんでいく。
この感情の移り変わりにきゅんとする。

北から南へ、だんだんとヤバい地域にいく二人。

ゲストとして招いておきながら、ナチュラルに線引きするホストたち。
トイレは庭にある仮設でとか、食事は別室にとか。

そして主人公にその場を取り持ってもらうことを金で依頼する。

端から見ればこんなにおかしいことはないのに、それが常識としてほんの少し前まで受け入れられていたんだなぁ。
結局、ツアー中に出会った人の意識を変えることはできなかった。
そんなシーンばかり見てきたから、最後、主人公のホームパーティに温かく迎え入れられとき、なんだかすごくほっとした。
yuka

yukaの感想・評価

4.1
ラストシーンが、ほんとに心温まるし、救い。
人種差別って、受ける側も抗おうとしつつも、どこか諦めてる部分があるんだなぁ、と改めて学ばされた。
>|