グリーンブックの作品情報・感想・評価・動画配信

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

tminamiy

tminamiyの感想・評価

5.0
トニーもドクもタイプは全く違うがサイコー。「最強のふたり」の逆バージョンという感じで、とても良かった。自分の気持ちに正直になることや、譲れないものは妥協しないことの大切さを改めて感じた。
Ray

Rayの感想・評価

3.9
アマプラでレンタル100円だったので。
思ってたよりはのほほんとした映画。(題材はのほほんとはしてない)
黒人にも白人にも男にもなりきれない黒人。
知性や品格で戦う彼の姿に感動。みんながみんなこうであれば少しはイメージとかも変わるのかもしれないなんて思ったり、あまりにも健気というか待遇が可哀想になる。
かといって主人公もイタリア系なのでやはりバカにされることもある。手出ちゃうし学があまりないけど、悪知恵と優しい気持ちはある。
見た目と中身が交換されちゃってるような2人みたいなシーンがちょこちょこあって面白い。肌の色が違うだけなのになぜこうもって何度も思わされる。
でもこの映画はそれを全面に出しすぎてなくて、ほんのりと漂わせる。うまい作りです。
おじさんタッグが意外と好きってことに気づいた。最後の方のシーンとか本当癒される。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後に、孤独だったドクがトニーの家族に受け入れられるシーンでの締めくくりが最高のラストだった。
でもそれ以上に、フライドチキンからの紙コップポイ捨ての流れが至高だった!この映画で一番好きなシーン。笑

2人の男が少しずつ友情を育んでいく良い映画!
ゆみか

ゆみかの感想・評価

5.0
とても良かった
ケンタッキー食べてるシーン可愛くて好き
2018年のピーター・ファレリー監督作品。1960年代のアメリカで黒人差別が強い南部でツアーをする黒人ピアニストと白人運転手のロードムービー。

『白人の救世主』だか何だか知らないが最高でした。ドンとトニーの笑顔が見れればそれでいい! ケンタッキー州で食べるKFCがおいしそうだった。その後の紙コップのくだりもコミカルで好きだなあ。

それにしても、トニーが『ロード・オブ・ザ・リング』のアラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセンだとはいまだに信じ難い。だってあの腹・・・。
Toko

Tokoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

よかった。ドクが差別により、悔しく悲しい思いをし続けているから、ハッピー!イエーイ!とまで言えないけど、とても素敵な映画だった。雇われたのがトニーじゃなければアナザストーリー。

コンサートの演奏曲も、劇中に流れる音楽すべてが最高。
お守りの石がどの場面でもピカピカに輝いていた。

最後の妻ドロレスのハグとスマイルが、ドクやトニーだけじゃなく、観客の不安も全てを包み込んでくれた気がする。
Lilo

Liloの感想・評価

4.4
心がじわじわーっと温まっていくお話。
最強の2人みたいな感じ。でもやっぱりなにがいいってこれも実話だってこと。
どんなことも平等に、いい意味でひいきしない心を持てることって当たり前だけど尊いなって学べる。
miki

mikiの感想・評価

5.0
好きなお話
考え方の変化が2人の表情から見てとれた
素敵な友情

それと同時に差別が普通の世の中がすごく怖かった
KEN

KENの感想・評価

3.5
自分が今まで観てきた数ある人種差別作品の中で一番良かった。
アメリカ北部より更に厳しい南部に自ら出向くことで“勇気が人の心を変える”試みを示す行動だったとが胸を打たれた。
各所で垣間見る黒人に対する好奇な目が印象深かった。
>|