グリーンブックの作品情報・感想・評価・動画配信

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

みー

みーの感想・評価

4.1
心なしか最強のふたりと似ている作りだと思った。人種差別題材はやっぱこういう構成になるのかな、
これが実話だと思うと、心にくるものがあった
ピアノの人は本当にピアノが弾ける人なんですかね、普通にすごかった
けーご

けーごの感想・評価

4.7
やっと観れた
とてもいい作品だった

人種差別を描く作品は低い身分を描いてることが多かったけど今作は絶妙な立ち位置で新鮮だった
だんだん2人が認めあっていく所がすごく好き

ヴィゴ・モーテンセンがめっちゃ渋カッコイイ
マハーシャラ・アリの静かな演技が良かった

全く飽きず笑えるシーンも多くて楽しめた
この映画観れて良かったと思えた作品
何回でも観たい。
お互いに理解していく過程がたまらなく愛おしい映画。
面白かったなあ。

アマゾンプライムビデオでレンタルしていたものを視聴。
アカデミー賞受賞作品ということもあり、さすがの面白さでした。

話の内容は「最強のふたり」とかに似ている感じです!
時代設定はもう少し昔のアメリカでしたが。

古き良きアメリカの文化が観ていて楽しかったです。車やお店の感じや、家の中の様子などどれもアンティークな感じに憧れてしまいました。

そして良いことばかりではないのが、当時のアメリカです。黒人への差別が残りまくっている時代。
誰もが当たり前だと思い、差別を受けていた黒人でさえも、その状況に慣れてしまっている状況に怖さを感じました。

こんな差別もあったんだ、というような気づきはありませんでしたが、あまりにも日常に差別があったという現実をまざまざと見ることができた気がします。

そして差別をテーマにした映画の根幹には、白人でも黒人でも黄色人であっても、「自分が何者か」を見つけることの難しさや大切さを伝えたかったように思います。

「何者か」を見つけるには、シャーリーの信念や、トニーの自信などが2人が持っているものがそれぞれ必要なんだろうなと思いました。
またそれ以外にも、自分の周りの大切な人の存在も大事かもしれません。自分の存在を肯定してくれる人がいることはすごく大事だなと改めて思いました。

好きな言葉は、トニーの言っていた「寂しい時は自分から連絡しなくちゃ」みたいな言葉!!最後にシャーリーがそれを実行するのもよかった!!
なるほどな〜と思う言葉でした。

好きなシーンは2人でケンタッキー食べるところと、奥さんが手紙を見ている時に横でうつ伏せで寝ている子ども。可愛い。笑

そして何より、トニーのおっさん感がたまらなく好き。笑
よくあれだけおっさんを表現できたなと思います。ケンタッキー食べた手で、ハンドル握るな!と思いました。笑

白人がヒーローになっている点を批判する人もいるようです。それもたしかに。
でも2人が心を通わせていく過程がすごく暖かくて好きな映画です。
ま

まの感想・評価

3.5
アカデミー賞では差別問題の作品は見飽きたと言う話があったとかなかったとか。私の心には響いたし、共生と共存について考えた。
ずっと観たかった本作ようやく鑑賞

メインの二人がほんとに最高。成長というより、お互い影響を与えあってる感じがめっちゃ好き。

何よりトニーの息子だった彼が脚本やっていて賞を取ってることに衝撃を受けました。
たす

たすの感想・評価

4.7
黒人差別の厳しいアメリカ南部をあえてツアーする黒人ピアニストのドンシャーリーと、運転手として雇われたトニーとの交流を描いた作品。

何回泣いたとかじゃなくて、後半は終始泣いてしまった。というか泣きながら笑ってしまった。まさに笑あり涙あり!泣きすぎなのが悔しくてちょっと泣かせにきてるでしょってつっこみたくなったけど、実話を基にしているし何より自然と感動してしまうからもう文句の付けようがない。

トニーは冒頭、黒人が使ったコップをそっとゴミ箱に捨てる。トニーは決して悪い人ではないが、普通にこんな行動をしてしまうほど、人種差別は当たり前の世の中だった。そんなトニーはシャーリーと旅をする中で、想像以上に厳しい人種差別を目の当たりにしたり、シャーリーのピアノの腕や人間性を知るうちに、考え方がどんどん変わっていく。

一方のシャーリーは北部で豪邸に住みながら何不自由ない生活を送る売れっ子アーティスト。にもかかわらずあえて南部でのツアーを決行し、しかも夜一人で出歩き警察沙汰にもなる。

「私は独りで城住まいだ。金持ちは教養人と思われたくて私の演奏を聴く。その場以外の私はただのニガー、それが白人社会だ。その蔑視を私は独りで耐える。はぐれ黒人だから。黒人でも白人でもなく、人間でもない私は何なんだ?」

このツアーは旅の中で出会う白人や見ている私たちに人種差別の実情について意を唱えたいということもあるだろうが、彼自身のアイデンティティを探すというか、居場所を見つけたかったのではないかとも思う。

旅の中で様々な経験を共にしたトニーとシャーリーが、深い友情で結ばれていく様子がすごく良かった。終盤、トニーがクリスマスイブに間に合うようにシャーリーが代わりに運転したシーンや、トニーがクリスマスパーティにシャーリーを笑顔で迎え入れたシーンは本当に最高だった。
surrey

surreyの感想・評価

4.2
記録。

このレビューはネタバレを含みます

時代背景とか、NYに住むイタリアンアメリカンの社会に対する気持ちとか、よりクリアにイメージできた。

NYでPOPS演奏してれば安全に楽して稼げるのに、差別が強く残ってて奴隷も多くいるDeepSouthでクラシックのツアーを行う黒人ボスの、人種差別に対抗する信念凄い。農地で黒人奴隷たちと目があったシーンのボスの感情は、、、うまく書き表せないけど後から思い返して震える。

一見強いように見えるボスが、黒人だけど黒人じゃない、男でも女でもないというコミュニティや属性に基づくアイデンティティのなさに嘆くシーンは、突然胸を疲れたような感じがした。心細さとはまた少し違う気もする。

題材は重くメッセージも強いけど、主人公のキャラやストーリーの中にあるユーモアで、たまに笑顔で観れるし、最後は友情や温かさも味わえていい映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

全然メリーじゃない!と思ったけど、
「寂しい時は…」をきちんと拾って
終わってくれたのグッときた。最高。

役者さん達の演技力が顕著に表れる
オレンジバードのシーンほんと好き。
>|