ぐりこ

くゆるひのぐりこのレビュー・感想・評価

くゆるひ(年製作の映画)
2.6
第十回下北沢映画祭にて鑑賞。

鬼才(?)監督による過酷な追い込み演技指導によって追い込まれる様子を描く。 “ナカムラ”という役に同化していくにつれ、現実と役の境目が曖昧になって、、、

最後はどうなったんだ、冒頭シーンとはつながらないように思ったけど…

変にコミカル要素はさむのには、僕は馴染まなかった。
それにしても実話らしくてびっくり。