ぢるみどぅるひこ

大菩薩峠 第二部のぢるみどぅるひこのレビュー・感想・評価

大菩薩峠 第二部(1958年製作の映画)
5.0
再見。
途中の腕チョンパやクライマックスの槍の殺陣シーンなど、中々に血塗れで、時代劇は黒澤の『用心棒』『椿三十郎』からスプラッタ化したというのが定説であるが、例外はあり、それは怪談映画、新選組映画の池田屋シーン、そして内田吐夢作品である。
盲目の竜之介が完全に化け物と化していて時おりコメディ的な演出もあったり緩急自在ですごい。

机竜之助のビジュアル的なイメージは雷蔵や仲代のほうが合っているのである、たぶん。結構な中年というか初老ともいうべき千恵蔵、しかもでっぷり貫禄あり、顔もどでかい千恵蔵がやたら仰々しい演技でゆっくりと台詞を喋るのはかったるいっちゃかったるい、というか慣れるまでちょっとつらいくらいである。しかし、である。雷蔵や仲代ではこの深みは出ないのだ。ただの狂気とか猟奇とか変態とかそういうレベルを遥かに超えたヤバすぎる何か、言い得ぬ何か、という領域にまで達しているのがこの机竜之助である。