ピュンピュン丸

大菩薩峠 第二部のピュンピュン丸のレビュー・感想・評価

大菩薩峠 第二部(1958年製作の映画)
4.3
片岡千恵蔵vs萬屋錦之介版『大菩薩峠』の第2段。小説も並行して読んでたが、この2作めで、軽く抜かれてしまった。^^;

完結編への繋ぎとは思えない完成度の高さ。それと、風景もセットも役者も何もかも、これこそ本物の時代劇だと、うならざるを得ない素晴らしさ。とにかく、今、時代劇を作っても、この果てしない広がりを感じるような、江戸の日本の街道をつなぐような広がりを感じさせるようなものはつくれまい。

盲いて、なお、その剣に妖強を漂わす机竜之助を片岡千恵蔵が好演。特に、無実の新郎を頼まれて救い出すときの演技は、物凄い迫力だった。

妖刀を手に入れ、本格的にダークサイドに堕ちそうな机竜之助。完結編への興味を掻き立てるエンディングもお見事❗️