ヒロシー

大菩薩峠 第二部のヒロシーのレビュー・感想・評価

大菩薩峠 第二部(1958年製作の映画)
4.0
槍での殺陣シーンは本当にすごかった。この第二部から、机竜之助によって様々な人の人生が狂っていく、ある種『ブレイキング・バッド』的な物語になっていく。片岡千恵蔵の出番は減っても、存在感は一切薄れない。