いっちー

いちごの唄のいっちーのレビュー・感想・評価

いちごの唄(2019年製作の映画)
3.7
誰もが通る青春時代。
あの頃、私たちは全力で生きていただろうか。
主人公の真っ直ぐな気持ちが印象的でした。
あと、ひたすら可愛い石橋静河さんを愛でる作品でした。
なんか「夜空はいつでも最高密度の青色だ」とか「きみの鳥はうたえる」でファンになってその時はどっちかというと綺麗な印象だったけど今回はとても可愛いという印象でした。
主人公の行動や言動は時に少し引いちゃったり、理解できないこともあったけれどそれは全力で好きだからこそ行動であって少し不器用なだけ。
エンディングの銀杏BOYZの曲、良かったなぁ。
そして石橋静河さんと自転車の相性が抜群だということを再認識する作品でした。
全力で遊んで、全力で恋をして、全力で生きて何が悪い。
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。