華氏 119の作品情報・感想・評価

華氏 1192018年製作の映画)

Fahrenheit 11/9

上映日:2018年11月02日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「華氏 119」に投稿された感想・評価

Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

3.6
上手いなあの一言で片付けてしまうには、あまりに中身が濃すぎた。
救いのないOPから始まる、現実の話。

何に触れたら良いやら悩んでいるうちに1日経ってしまった。マイケルムーアってかっこいいなあって思った。これは一つの、彼のプロパガンダと言われれば否定はできないが。

なんというか、徹底的に道を塞がれた気分だった。「Why Trump?」の答えは至る所にあって、それはきっと、「Why Hillary?」や「Why Obama?」であったのかもしれない、という現実。

目を瞑り耳を塞ぎたくなるような事ばかりだ。私たちに力などないんじゃないか。そう思っているところに、世界を変えるものたちが現れる。 彼らの変革はslightlyかもしれないが、それでも、まだ人々に力があることを思い知らせる。知らなければ、考えなければ、そして動かなければ、何も変わらない
めいくあめりかぐれーとあげいん
コムサ

コムサの感想・評価

3.7
アメリカは広い
ブッシュから何も変わってない
ゆり

ゆりの感想・評価

4.0
報道されない、アメリカのニュース。見て損がない映画。
sayaqui

sayaquiの感想・評価

4.4
見応えあった。飽きずにずっと観てられたのは流石マイケルムーアだと思ったし、日本でもこういうの作ればいい。ネタは事欠かないはずだから。
マイケル・ムーア作品としてかなりこなれた作品だと思う。たとえば『華氏911』の見づらさに比べると構成やテンポがいい。また過去の作品から一貫したテーマを集大成した内容で(スクールシューティングやライフル協会との戦い、フリント、投票不正の告発、企業による健康被害との戦い…)複雑なのにうまく整理されていると感じた。そう考えると、ムーア監督はだんだん映画づくりが上手くなっているのかもしれない。次回作にすごく期待している。
YUKA

YUKAの感想・評価

4.4
オープニング笑えた
アメリカの裏が見える映画だけど、やっぱ人間らしい国民性好きだな、アメリカ面白い
トランプやり手
水質汚染の人最低
mi

miの感想・評価

3.6
途中からトランプ全然出てこないけど、アメリカやばいよねってのは分かる。現大統領のこき下ろし作品かと思いきや意外とまとも
>|