しゅ

劇場版『えいがのおそ松さん』のしゅのレビュー・感想・評価

3.8
ファンのための映画って感じ。自分はアニメ3期まで全部観るくらいには好きだったけど本作は劇場に行くまででもないかと思ってスルーしてた。
毎度おなじみギャグあり下ネタありシュールさありで、ダラダラした雰囲気はシリーズの取り柄だけどさすがに1時間48分は間延びしてしまってた。過去にタイムスリップするわけではなく思い出の世界に入り込んだという設定があのしっちゃかめっちゃかな世界観とうまくマッチしてたと思う。そうじゃなくても勢いでなんとかすると思うけど。
ここまでなら捻りのない30分アニメの拡大版といったところだけど、高橋さんの冒頭と最後の描写は思春期特有の切なさというかおそ松さんらしいたまにある含みをもたせる演出で余韻に浸れたのが高評価。
一松(福山潤)の爽やかボイスに一番笑った。