襟

劇場版『えいがのおそ松さん』の襟のネタバレレビュー・内容・結末

-

このレビューはネタバレを含みます

普通にファンなので、本当にボーナスステージという感じの映画でした

同窓会のシーンから素直に「ニートだよ」って言ってるおそ松兄さんが好き解釈通りすぎ好き(最推し)
学生の頑張ってる一松マジで好感度ぶち上がる音がして笑ったし、十四松に対して「1番やばかった時のじゅうしまーーつ!!」って言われてて一番ヤバイのが今じゃないの本当にヤバいなと思った
おそ松兄さんの照れ顔世界一可愛いね(最推し)

普通に仲悪かった時期あったの知らなかったのに、知ってたみたいにスっと入ってきて、そういう所を映像化してくれるのは本当にありがたいなと思った。

それぞれ高校の時からキャラ変はしてるけど、トド松が突き飛ばされた時一松がキレるとか、カラ松は兄弟が喧嘩すると力任せで制裁に入るとか、一松が来なくなってもおそ松は一緒に昼ごはん食べてた階段に来てるとことか、十四松は実行する度胸がないとか、
所々今と根幹が変わらないと思わせる行動をしてるところが本当に好き

あと6つ子が仲悪くなるとイヤミも疎遠になるの何なの、お前は兄弟の一員なの?????

トト子ちゃんも、チビ太も普通に可愛くてマトモで笑う

母が大人になった6つ子と高校生の6つ子を全く間違えず、「どろぼう〜〜〜!!!」と叫んだところとか、父は給料期待してることを直接言ってないところとか、愛が深すぎて泣いた

高校時代の自分と話すところ、本当に良かったなぁ、
トッティマジで兄弟愛こじらせてるし、一松は意外とポジティブだし、十四松が1番兄だし、チョロ松が自己肯定感がなかったの可愛いし、カラ松が見栄張っちゃうのも可愛いし、おそ松が長男という立場から逃げたいと思ってたことがあってそれを諦めて今に至るのも本当にツボだし、
大量の供給を一気に浴びせられている気分になった

正直映画館行ってたらファンから高橋さんへのヘイトを目にして悲しくなってたと思うから家で観てよかったのかもしれない
ありがとう公式…