ある夏の始まりに/an early summerの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ある夏の始まりに/an early summer2012年製作の映画)

An Early Summer

製作国:

上映時間:17分

3.4

あらすじ

「ある夏の始まりに/an early summer」に投稿された感想・評価

かむ

かむの感想・評価

3.3
ビターまではいかんけど、ほろ苦くて

スイートってほど、甘くない

さぁこれを何と現すのでしょうか 、、 🙄
みほ

みほの感想・評価

5.0
この短さの中に喜怒哀楽の表現が詰まってて見入ってしまったあ。個人的にすごい好きな短編作品でした。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.7
夢を追いかける留学生のストーリー。
主人公の作る料理がどれも美味しそう♡
途中目頭熱くなった…
異国の地で交わる男女、2人の甘酸っぱくも切ないラブストーリー。
17分という短さで、ここまで切なく仕上げたのは素晴らしい。涙もろい自分はすこしウルっときてしまった。

中国からの留学生同士の切ない夏の数日間を描いていて、ラブストーリーながらも現在の中国の社会背景なんかも垣間見える作品。
家族も友達もいない地で夢を追いかける勇気と努力。しかし目の前の壁は思ったよりも高く挫折することもある。不安になることもある。そんな時の留学生同士の助け合いも必要なのだろう。ただ現実を見せつけられるラストは妙にリアルで引き裂かれた2人はその後、どうなったのだろうか…。
4

4の感想・評価

-
自然な明るさの映像と、ゆったりした日常的なテンポが心地よかった。
二人の会話の言葉は少なく、関係性が言葉以外のところから見てとれる。
綺麗でみずみずしい若さが溢れていた。
異国の地での葛藤もしっかりと描かれていて良かった。
ゆら

ゆらの感想・評価

3.7
お久しぶりのブリリアショートショートシアター🌝
外国で夢を追う2人の若者の、切ない夏の数日間を描いた作品。

光に溢れた暖かい画と、優しい音色の音楽、そしてゆったりとした話の展開が、これから羽ばたいていく2人の姿やその葛藤を綺麗に描いていた。
2人の恋が始まりにも終わりにも見える不思議な終わり方だけど、いつか時が経った時に、この時を思い出して微笑みながら話す2人の姿が想像できる。

手を繋いだ姿と夕日が重なるシーンがとても綺麗で印象的😳♡
料理も美味しそうだった〜〜🍤
Haruna

Harunaの感想・評価

3.0
映画祭後からショートフィルムにハマりそう。
そしてショートフィルムの時のレビューは短めに…

中国留学生のお話。料理がとても美味しそう。
光をたっぷり含んだ画が綺麗で、それでいてストーリーもミントのような爽やかさと微量の甘味があり、とても心地よかった。
日本のウェブCMのようなベタで濃いラブストーリーとは異なり、言葉にしにくい2人の関係性に儚さを感じた。中国の俳優さんということもあり私にとっては凄く新鮮で、尚且つナチュラルで素朴な演技も良かった。
加えて、中国人留学生という設定にもかなり心を掴まれた。敷かれたレールや親の職を世襲するのではなく、自分の道を切り開いていきたいという葛藤、若者世代に共通する進路の悩み。自分も留学した経験があった為、通ずるものがあった。
この淡い恋と異国の地での暮らしの中に花を添えた料理はうまい具合にバランスがとれていた。料理は心の距離を縮める道具であり、又心境が痛いほど反映されるもの。

続きが気になる素敵な短編作品だった。

【監督のコメントが素敵なので引用】

一人っ子政策のとられている中国では、私たちは親の世代が経験しえなかったチャンスをもって生まれてきます。しかしながら、それは同時に家族の期待と将来を一身に背負って生きることでもあります。
私たち中国の若者の多くは、より良い教育と生活を求めて海外へと旅立ちますが、滞在先では以前よりもより孤独な気持ちになっていることに気が付きます。
この作品『ある夏の始まり』では、そんな留学生たちの抱える感情的な葛藤と冒険を描きました。アイデンティの揺らぎを抱えながら生きる姿は、私自身の姿でもあります。
夢

夢の感想・評価

3.8
ちょー爽やかカップル。
恋愛の初々しい一番良いところを切り取ったようでとても好感を持った。
ロサンゼルス

中国人の男女

夢と現実


USCのクレジットあるから大学での制作?

女性監督らしいきれいなトーン

演技の間の悪さはまだいいとして、うるさいカメラワーク、雑な階調がもったいない気が