玉城ティナは夢想するの作品情報・感想・評価 - 22ページ目

玉城ティナは夢想する2017年製作の映画)

製作国:

上映時間:11分

3.8

「玉城ティナは夢想する」に投稿された感想・評価

記録

記録の感想・評価

3.6
美しさを持て余す玉城ティナの美貌を常にフワフワした気持ちで見た。
「体の真芯(ましん)に熱い灯火をやどす女の子になりたい」「光って、光って、光って、死にたい」

このポエム誰が考えてるの?
玉城ティナ、映像構成、音楽、詞、最高。
泣いてるシーンが好き。
mari

mariの感想・評価

5.0
玉城ティナの写真集「渇望」と山戸結希監督がコラボしたショートムービー。
YouTubeで観れます。女性向けかも。

元々山戸監督作品が好きだけれど、これは特に好き。たった10分間で、私はこの感情がなんなのかわからない涙が出る。
玉城ティナは可愛いという言葉で片付けられないほどの魅力を放ってる。
akira

akiraの感想・評価

3.8
山戸さんが紡ぐ言葉って乙女さが全開で好き。玉城さんに合ってた。
「もしも私が玉城ティナだったら…。」写真集とのコラボで作られた短編映画。詩的な語り口と独特の映像美が玉城ティナの魅力を存分に引き出していて、まさに山戸結希監督の真骨頂。
Filmarksに追加されるとは。とりあえずYouTubeで見られるんでみんな見ましょうね。

概念としての、イデアとしての『美少女』玉城ティナと生身の血肉の通ったひとりの少女である玉城ティナという両者を衝突させ戦わせる、まあこんなことようやるわ、というかその大胆さとスリリングさに驚嘆します。山戸監督は『美少女』というモチーフを完全にテーマとして撮ってて、しかし全然それが手垢の付いた印象じゃないというか新鮮な形でこちらに迫ってくるんで作品ごとにびっくりしますね。

途中、ドアから入ってきてすぐ椅子に座るというだけのアクションを5、6カットぐらいにまで割ってみせたりする繋ぎ方などやっている場面もあり、こういう部分もはっとします。
|<