Yuuki

ジョーカーのYuukiのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
5.0
悪のカリスマ「ジョーカー」誕生秘話

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にて。いつもありがとう…なんですが、これ、余りにもとんでもなさすぎました…。見終わった直後のテンションで考えると、あのヒース・レジャー版のジョーカーに迫る、というか超えてるぐらいの狂気を感じられました…やばすぎる…

ただ人を楽しませたい笑わせたいと願っているだけなのに、誰もが無関心なこの街で本当に理不尽な事がアーサー(本名)に降りかかり、仕事を追われ、ガキに殴られ、誰からも共感されず、出生に関する秘密を知るなど積み重なった結果 心が荒んで壊れてズタボロの雑巾みたいになってくのがも〜見てられないほどに凄まじくて、見てるこっちも心を深く傷つけられる錯覚をしてしまうほど。アーサーが悲哀のこもった高笑いをするたびにこっちが泣けてくる逆転の構造!で、そりゃ狂うわ…と納得するほど叩きのめされたあとの満を持しての「ジョーカー覚醒」は、もはや映画史上最恐最狂のクオリティでした。思い出すだけで身震いする!ホアキン・フェニックス、まじで最高のジョーカーを演じてくれてありがとう…ここまで、よくやった…!最高!!!

あと、個人的には街の階段を上り下りする何でもないシーンが結構好きでした。階段の下が地獄(仕事場や街の中心部)、上が地上(自宅のある階層)と仮定して、序盤は何とかトボトボと登って地獄から地上に帰ってくる描写を見せつつ、覚醒後は自ら進んでその階段を降りて地獄に飛び込んでいく!的な。意図的にやってるかは知らんけど、その階段のシーンだけでアーサーの心理が細かく描写されて、匠!となりました。とにかく下半期の話題沸騰爆弾的パワー映画になること間違いなしな仕上がりでしたので、公開されたら即見ましょうね!!!