penguinwhipper

ジョーカーのpenguinwhipperのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
5.0
物凄い映画だった。
全編に渡って連綿とそこにある「狂気」がものすごかった。今の世相にも通ずるであろう世の中の狂った部分を痛烈に描き出しつつ、アーサーがジョーカーになっていく過程を見事に描いていた。

忘れられない…あのホアキンフェニックスの表情が。地下鉄から上がってくるジョーカーのあの顔、あの姿。心底ゾッとした。
主演のホアキンフェニックスの身体と顔に漲る狂気が哀しくそして本当に恐ろしかった。こんなに狂気を湛える演技をする人もすごい。それにあの泣いてるかのような笑い声!彼でなければこの映画は成立しなかったと思う。ジョーカーの狂気に触れて何かに気付いて動く人がいるかもしれないぐらいの映画だと思う。
誰かに認めてもらったり、誰かを慈しんだりすることを全てやめた時に人はどうなるのか。
救いのない中で、もがき苦しみながらも新たに見出したジョーカーの自己肯定感を誰も責められない。この世の負を全部引き受けて誕生したのが彼ならば、人々が彼に同調するのは当然なのかも知れない。

これはまさに2019年度版『タクシードライバー』だ。
いろんな映画への小さなオマージュも含まれてると思った。たくさん映画を観てる人にはきっとそれに気付く楽しみもあると思う。

混沌、狂気、そして崩壊、
そんなワードが浮かんでくるけど
この映画はとにかく観なきゃダメだ。

・・・・・・・・・・・

一番怖かったシーンは
ジョーカーが自分の口の中に溜まった血を指で拭って、
その血でまた大きく赤く口を描いたシーンだ。
本当に戦慄した。