りらりー

ジョーカーのりらりーのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.2
神話が民話に歩み寄る、というレビューを観ている途中で思い出す。そう。つまりこの物語は必ずジョーカーになる話。それを分かりながらアーサーを見続けるのは、かなり、危ない。かなり、皮肉。かなり、意地悪。結構狂気的、ですな。

そういう製作者の思惑を理解していたので、客観的に見るように努めた。そうすると、アーサーのことを裏表なく愛せて良かった。凪のお暇、だよね〜と同情に暮れる人や、調和の中で包み込む人、もしくは一緒にジョーカーになるための手順を知ってしまう人がいたかもねぇ。この映画は、多種多様な受け取り方を起こす稀有な映画。考えるきっかけを生む映画には大賛成。映画館が賑わっていたのも嬉しみ深かった。だから、ありがとうホアキンフェニック。ほんとにいい顔してるなあ。見れば見るほど魅力的。彼自身も表舞台に躍り出た感じがあるね。この映画でジャックニコルソンぐらいに好きになったよ。

しかしそうやってシナリオ通りアーサーがジョーカーになった瞬間、分かってはいたもののやっぱり望んでなかったな〜って思った。君がアーサーからジョーカーになってしまったのは、製作者、または観客、またはその他大勢の思惑通りじゃないか〜。それは、同じように自分自身の映画設計している私たちが他人のそれに屈した結果ってことで。最も自分の意思が介在してない結果だよ。自分で決めたと思ってるだろうけど。そしてその一方で、勝ったとも言える。彼は全てを乗り越えた、まあどうであれ自分のやり方で。呼吸の仕方、歩き方、笑い方、喋り方。この地上でたった一人の存在。肯定はできないけど主人公が真の主人公になるという王道ストーリーを補完した着地点に快感を得る瞬間でもある。しかしそれはいいことなのか?だからこそ、ジョーカーになった瞬間から全世界がファンファーレを鳴らして味方している演出は、大衆を煽るような感じがして興をそがれた。

バスキアのドキュメンタリーでも出てきた電車のらくがき!!!を見れたのは嬉しかったなあ〜。当時は電車も壁も落書きだらけで世紀末のようだと揶揄されていたらしい。(そこから多くのアートも生まれたんだけどね)またはしょっちゅう殺しが起こっていたとも。アメリカってのはそういう時代だったんだ。といいつつも、いつの時代にも社会が荒廃し世紀末感漂ってるっていう見解に、結局は自分と向き合っているんだよね、いつの時代も。世紀末を引き出す心もあれば、太陽を照らす心もある、ってのはいつの時代も。だからこれを観て誰かがジョーカーになり得るのか?と怯えるのは、自分がジョーカーになりうるのか?という可能性に怯えているということで。but,誰しも人は善なる道を追求する生き物だと宮沢賢治はおっしゃっていますし。人類が成長してきた道のりの途中でどのパートにもそれぞれに違った苦難が与えられてきたと思う。そして今の時代はなんだろう?いつの時代も自分自身が試されているなあ。まあ私は今回の映画でジョーカーと結婚できたので総じていい映画だったということにしよう。

p.s.ロバートデニーロが殺されたのはマジでギョッとしたわ。彼を映画の中で殺すのはなしでしょ。笑 なしじゃないけどウッソダァ〜笑って思っちゃった。ま、何にせよ『タクシードライバー』もう一回見たいね。『アメリカンサイコ』も見といて良かった。