正直者

ジョーカーの正直者のレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.9
天気の子と間違えてこの映画をかけて欲しい。

さて、『ジョーカー』は皆様の中に眠っている、鬱屈とした感情の代弁者としてジョーカーが描かれていましたねぇ、ナイスですねぇ〜!

ジョーカーというキャラが、どれほどの不条理にもまれて誕生したか、そのハードルは高いはずだけれども、それをうまくやってのけたと思います。
ジョーカーもといアーサーの周りにいる人間のクズさといったら、ああもなるでしょう、という納得いく描き方がされてました。

しかもそのクズゴミ人間たち&不条理な出来事は現代社会を落とし込めていましたね。
ですから、時代感を気にせず2時間以上、映画に没入できました。

しかし、アーサーは承認欲求の高い隠キャっていう、こちらもまた、現代っ子の特徴も持ち合わせてるわけですね。

ですから余計に何が悪だか正義だかわからないという、ある種この映画のテーマに沿った結末にしっかり持っていけてるわけですね。

かのドラえもんさんもおっしゃっています
「どっちも自分が正しいと思っているよ。戦争なんてそんなもんだよ」と

それはさておき、逆にちゃんと作られてる分、もう少しダメなところが欲しかったからパーフェクトにはできません…

友人と話してて納得いかなかったところを洗い出すと、やはりラストのジョーカーが大衆に支持されてしまうところ。
その支持者たちを跳ね除けてしまうくらい、支持者がヒイてしまうような、悪どいことすればなぁと。それぐらい、極限まで歪んでていてくれたらより一層エッジの効いたモノにできたのではないかと思います。

だって彼はそれまでずっと孤独だったのだから、いくら承認欲求があったとしても、孤独を極めていて欲しかったなあと思っております。

ただし照明、音の演出、ハンディカムの使い方など非常に巧みだなぁ、とわたくし感心しております。ナイスです!

総括しますと、とてもナイスな映画でした