くわまん

ジョーカーのくわまんのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
2.0
悪意は善意より、説得力も感染力もありますもんねぇ。

みどころ:
J.フェニックスの怪演
ジョーカーのデザイン
T.ウェインのクソっぷり
ベタな心理サスペンス
悪党への過度な擁護
劇伴がワンワンうるさい
現実への負の還元が大過ぎる

あらすじ:
アーサー・フレックは生まれてこの方、悪意にしか触れていない。幸せや温もりを感じた瞬間は、一度たりともない。
――なんだこの人生は。悲惨過ぎて笑えるじゃないか。こうも酷いんじゃまるでコメディだよなププッ笑
…プッ…プックク…プククグハハハハハハハハ……!!

「彼に傷つけられたので、仕返ししてやる。」という心理に、同情できない人はいないでしょう。しかし「彼に傷つけられたけど、許してやる(なぜなら私はそうすることができるから。そうすることで私の気分は晴れ、そんな私を見た彼の気分も晴れてくるかもしれないから。すると、その後彼の私に対する態度が変化しうるだろうから…)。」という行動原理には、あと何行説明を付け加えても、同意が得られにくいでしょう。悪意は実にノーマルで、シンプルで、行使しやすいものです。

映画は、同情のメディアです。本作を観た誰もがかわいそうなアーサーに同情し、その蛮行に情状酌量の余地を見出だしたでしょう。彼を傷つけたクズどもが惨殺されるクライマックスに、溜飲を下げたでしょう。なぜなら彼が、理解不能のサイコパスではないどころか、超共感できる人だからです。アーサーの人生を生きていればジョーカーになりかねないと、多くの観客が感じるからです。ここら辺がブームとなっている所以であり、本作品の根本的な欠点だと思います。

まず、最も糾弾されるべきは「許される悪行もある」という考えです。この一見理解が深そうな意見は、実は自分に甘いだけの身勝手な暴論です。自分の気分が悪いのを、環境や他人のせいにしているからです。自立とは、自分の身に起きている全てのことを自分の責任として捉えることです。「許される悪行もある」は未熟な屁理屈でしかありません。

また、ジョーカー(的思考)にはもう一つ大きな落とし穴があります。それは「失うものがない(と思っている)こと」です。悪意をもって他人に接すれば、必ず悪意をもって反応されるので、信頼関係が失われます。他人の信頼が薄い人間を取り巻く環境は、当然悪化します。しかも、その結果に納得がいかず「俺は悪くない」や「俺を傷つけたやつが悪い」などと感じます。こうして怒りや嫉妬は増幅され、また悪意をもって他人に接します。最悪の負の連鎖です。

すなわちこの映画は、共感力をもって観客に悪意を肯定させ、闇落ちさせかねないわけです。ジェイソンやブギーマンの無差別な暴力と違って、感情移入できるアーサー改めジョーカーの悪意は観客に感染します。いわゆる“犯罪を助長しかねないメディア”とは、グロゴア人体破壊を垂れ流す悪趣味スラッシャーではなく、「仕方ないよ」と悪を受容してくれる、妙に丁寧なドラマだったのです。ゾッとしましたね。

僕が魅了された『ダークナイト』のジョーカーは、正義代表の連中に対する「お前達は何が起こっても正義を貫けるか」という問いそのものでしたので、彼のルーツを辿ったお話としては、本作は納得の脚本でした。ただ、単体のメディアとしては世に益するところが非常に少ないのではないでしょうか。願わくは、トーマス的な人達が悔い改めるきっかけにでもなればよいのですが。。