ゴロフキン

ジョーカーのゴロフキンのレビュー・感想・評価

ジョーカー(2019年製作の映画)
4.1
普段映画とか見てない友達まで絶賛してるので、どんなもんだか観に行ってきました。
バットマンの悪役「ジョーカー」が生まれるまでの話。こんな言い方はズレてるかもしれないけど痛快すぎて拍手したくなっちゃいました!

これ以下はもう無いだろってくらい辛い、苦しい、やりきれない、悲惨な境遇の男がついにストレスのメーター振り切って本格的に狂ったか、それとも覚醒したというべきなのか、終盤の弾ける姿がたまらない。主演のホアキンフェニックスの演技が本物の異常者を見てるようで、序盤は正直眉間にしわ寄せて観てましたけど、だんだん格好よくなるんです。目の輝きが違ってきます。それはもう「別人」ってレベル。身のこなしもどんどん優雅になってきて、本来悪役キャラなのにここまで魅力的に描いちゃったらバランス崩れましたね。もう『バットマンシリーズ』見ても「しねーケツアゴ!」とか思っちゃう、それまずいでしょう。

ちなみに、楽しみにしてたデニーロでしたけど、ついにこういう役もやっちゃうのか〜、ってちょっとさみしい感じしました。終盤はなんかみのもんた先生に見えて仕方がなかったです。